【吉本興業】「週刊文春」に法的措置も検討 EXIT兼近大樹の8年前逮捕報道に見解発表 ★8

1 :名無しさん@実況は実況板で :2019/04/01(月) 09:50:58.83 .net
[ 2019年3月30日 05:30 ] 記事抜粋

星稜・林和成監督が「サイン盗み」を疑い、28日の2回戦で対戦した習志野・小林徹監督に抗議したことについて、大阪市内で報道陣に対応。
「私の行き過ぎた言動と行動で多大なご迷惑をお掛けした」と日本高野連に謝罪したと明かした。

林監督は言動について猛省した一方で「私の中ではあったのではないかといまだに思っている」と断言。
控室では、小林監督から「星稜もやっているでしょ」と言われたとされ、「(根拠がなく)謝罪を求めたい」と話した。

日本高野連は星稜・山下智将部長に、林監督が直接視察し、サイン盗みがあったと主張する習志野―日章学園戦の映像提出を依頼。
竹中雅彦事務局長は「どういう動作がそう見えたのかを確認したい」と話し、「試合後はノーサイドが原則。
試合後の行動は反省してください」と注意したことも明らかにした。

○…小林監督が西宮市内での練習後に取材対応した。サイン盗みの有無については「審判の方から何らかの注意を頂く。
そういったものがなかった。それが全て。そういった事実はない」と断言。
林監督が“星稜もやっている”と言われたと主張することにも「(控室では)お話しされているのを聞いている状態。
それに対応はしていない」と完全否定した。あす31日に市和歌山との準々決勝を控えており、
「対応することが子供たちの、いい環境づくりとは思えない」と話した。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/03/30/kiji/20190330s00001002008000c.html


VIPQ2_EXTDAT: none:default:1000:512:—-: EXT was configured

0件をまとめました。
最新情報はこちら