さまようクジャク 突然遭遇したらどうすれば?(2021年11月23日)

 住宅街に悠然と姿を現したのは、なんとクジャクでした。一体どこから来たのでしょうか。現場を取材しました。

 目撃者:「マホー、ギッギ、マホー」

 住宅街に響き渡るという謎の鳴き声「マホー!」。近所の人は断言します。

 栃木市の住宅街で撮影された聞き慣れない鳴き声で鳴く鳥・・・。「クジャク」です。

 目撃者:「ネコより大きいですね」

 目撃者:「ネコより大きいよね。ネコの3倍くらいあるよね」

 目撃者:「3倍はないだろう。1まわりだろう」

 体長およそ1メートルの雌のインドクジャク。

 こちらの夫婦は、16日から3日連続で目撃しました。

 しかし、クジャクに思わぬ“天敵”が・・・。

 目撃者:「でも(ネコに)追い掛けられて以来、こっちに来ていないです」「(Q.飛び掛かったのはどっち?)右です。台の上にいる方です」

 ネコに追われたクジャクはその後、姿を消してしまったといいます。

 さらに取材を進めると、他にも目撃者が・・・。

 目撃者:「叫ぶような」

 このクジャク、一体どこから来たのか。聞き込みを続けると、浮上したのは目撃場所からおよそ2キロ離れたとある場所。

 動物園ではありません。シイタケ狩りなどが体験できる農場です。

 クジャクはこの農場で、遊びに来る子どもたちの触れ合いのために今年3月ごろから飼っていたといいます。

 北海農場・スタッフ:「(Q.餌(えさ)をあげている時に逃げた?)そうですね。不注意で」

 10月の初めに逃走。その後、毎日のように探していますが、1カ月半ほど逃げたままです。

 北海農場・スタッフ:「早く戻ってほしいですね」
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

動画
ニュース動画速報

コメント

  1. J2❨ジェイツゥ❩Channel より:

    「マホー、ギッギ、マホー」インタビューに答えていたご夫婦本当に嬉しそうに話していましたね
    でも、この先野良孔雀がどうなるのかわからないから不安でもありますよね

  2. s w より:

    目撃者の夫婦が仲睦まじくて頬が緩む笑

  3. ハピネス より:

    クジャクは如何でもいいくらい
    このご夫婦に癒やされました

  4. すや より:

    こんな仲のいい夫婦がいるんだな。
    自分もこんな夫婦になれるように頑張りたい

  5. ガラス・カラス より:

    このご夫妻めっちゃ仲良いな…お幸せに!
    「ひとまわりくらいだろう」のお父さんの声が優しい…

  6. ぽるんぷるんてぃんぽろろん より:

    インダビューでイチャイチャすんなよ!羨ましすぎるだろ!!そのまま仲良く長生きしろよ!!ε٩(๑>ω<)۶з

  7. 日本太郎 より:

    鳥獣保護法って野生動物に限定した法律じゃないの

  8. 田中太郎 より:

    クジャク云々より最初のおばちゃんで吹いた。

  9. やーまパパ より:

    思いの外「マホー」で笑ったww

  10. ヘムヘム より:

    仲良し夫婦の動画やないかい 笑

  11. 蛮天 より:

    小学校で飼ってたなぁ
    たまに飼育委員の先生が外に出してて学校の屋根の上に昇ってたけど小屋にちゃんと戻ってたんは良い子だったから?

  12. ラクダ公園 より:

    うちの祖父母と三つくらい世界線が離れてるくらい似てて好き

  13. ban bu より:

    主婦「マホー↑」
    孔雀「マ↓ホー→」

  14. P K より:

    コロナのニュースはいい加減過去のものになって、こういうニュースでほっこりできるような世の中に戻ってほしいわ。

  15. あといWR7 より:

    なんか幼稚園の頃ほぼ毎日見てた記憶あるけど、鳴き声は初めて聞いたゾ…

  16. ぽっぽ より:

    子供の頃通ってた幼稚園、小学校で孔雀飼育してました。
    懐かしい鳴き声。

  17. norapon より:

    昔脱走した孔雀を至近で見た事あるけど脱走率高いのかねぇ?

  18. グッボイ!佐藤 より:

    孔雀は普通に田舎町で、たまに見かけたなぁ。住民への影響ってか騒音になるほど個体数が少ないだろ…

  19. Watcher より:

    真似声がかなり違った事で笑った

タイトルとURLをコピーしました