国家公務員のボーナス今年も減額 コロナで2年連続(2021年11月24日)

 国家公務員のボーナスが今年度も減額となりました。

 政府は閣議で国家公務員のボーナスを年間で0.15カ月分引き下げ、4.3カ月分とすることを決定しました。

 来月支給される冬のボーナスには法改正が間に合わないため減額せず、来年夏のボーナスから調整するとしています。

 引き下げは2年連続となり、新型コロナの影響で業績が悪化した民間企業の水準に合わせた形です。

 松野官房長官は、「国民の理解を得られる適正な結論を出すべく検討を行った結果だ」と説明しています。

 一方、月給については、民間との差が極めて小さいことから改定は行わない方針です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

動画
ニュース動画速報

コメント

  1. coffee black より:

    表向きはいいから30年の遅れをどう取り戻すのかが問われてる時代に、些細な事より国民が安心できるような案をだしてもらいたい。

  2. shohei kamiya より:

    国家公務員じゃないけど
    公務員の給料を民間に合わせるんじゃなくて
    民間を国家公務員並に近づける努力は出来ないもんかねー

  3. 通靈妃 Rance より:

    公務員の昇給!

  4. 葱 本物の より:

    木下都議は満額貰える

  5. 仏像マン より:

    金額はいくら?

タイトルとURLをコピーしました