拉致被害者家族 デンマーク外務大臣と初面会(2021年11月24日)

 北朝鮮による拉致被害者の家族がデンマークの外務大臣と初めて面会し、横田めぐみさんの母親の早紀江さんが、拉致問題の対応について「世界の国々が一つになってほしい」と訴えました。

 24日午後、東京・渋谷区のデンマーク大使公邸で拉致被害者・横田めぐみさんの母親の早紀江さん、弟の拓也さん、田口八重子さんの長男の飯塚耕一郎さんらがデンマークの外務大臣と面会しました。

 面会は30分ほどに渡って行われ、拉致事件の現場の一つであるデンマークが拉致問題解決に協力していくことなどが確認されました。

 面会で、早紀江さんは拉致問題の対応について「世界の国々が一つになってほしい」と訴え、今回の面会がデンマーク側の希望で行われたことについては「今まであまりない。とても嬉しくてありがたいと話しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

動画
ニュース動画速報

コメント

  1. 浅野浩二 より:

    岸田さん早く解決してください。

  2. たた より:

    デンマークは福祉が充実してる

  3. reiwa_vegan より:

    ルーマニア人も拉致されてる

  4. 10年健康診断拒否 より:

    なぜか見れない

  5. Alexandre Benois より:

    きたちょうせんだけがわるいのだったら、せかいがてっていてきにあつりょくをか
    ければ、かいけつするはず。そうならないのは、きたは、せかいをしはいするはんざいせいりょく(かると)がつくったくにだから。おなじせいりょくが、きた、こくれん、EU、あめりか、ろしあ、ちゅうごく、にほんのはいごにいる。

  6. 高橋涼介 より:

    見れん

タイトルとURLをコピーしました