「私の秘密の場所で」“お花見タクシー”が人気(2021年3月13日)

「私の秘密の場所で」“お花見タクシー”が人気(2021年3月13日)

緊急事態宣言下の東京でも桜の開花が近づいています。
東京の花見スポット隅田公園の前に去年オープンした店は・・・

(むうや 野口大輔 店長)
「お店で働いている身としては来てほしいですけどコロナで気にされる方もいらっしゃるのでそこらへんと葛藤しながら‥まだ気持ちの整理はついていないです」

コロナ禍で迎える花見シーズンに複雑な思いでいる人も多い中、人気となっているのが・・・

(日本交通「お花見タクシー」 中村 伸ドライバー)
「ちょっと実は私の秘密の場所がありますので」

日本交通が来週土曜日からスタートさせる「お花見タクシー」です。
東京の街を知り尽くした乗務員が、都内の桜の名所を効率よく案内してくれます。

(報告・仁科健吾アナウンサー)
「本当にちょうどいい高さの陸橋なんですね。あ、本当にもう少し(で咲く)というところ」
(日本交通「お花見タクシー」 中村 伸ドライバー)
「明日には元気に咲いてくれるかなと思いますね」

コースは4つありますが、ある程度は乗客の希望で変更することができるということなので、この時期でも桜が見られる場所に案内してもらいました。

(日本交通「お花見タクシー」 中村 伸ドライバー)
「3本ともオオカンザクラですね」
(報告・仁科健吾アナウンサー)
「初めて来ました」

密にならずに花見ができると人気で予約はすでに去年3月の1.5倍だといいますが・・・

(日本交通「お花見タクシー」 中村 伸ドライバー)
「去年はですね、ご注文いただいたんですけども、コロナ禍でみなさんどうなるかわからないということがあったみたいでけっこうキャンセルをいただいてしまいました。今年の場合はすでにだいぶご注文をいただいてまして」

「本物の桜」にこだわらずに、お花見気分を楽しむイベントやグッズも人気です。

アート集団「チームラボ」のミュージアムでは作品が桜をイメージした色に変わり、まるで満開の桜の中にいるよう。
「映える」写真が撮れると人気です。

一方、こんなアナログな「おうち花見」も。

こちらの「マジック桜(さくら)」は紙製の木を組み立て「魔法の水」をかけます。
すると・・・

およそ12時間でピンク色の花で満開になります。
海外からの旅行者向けに販売していましたがコロナ禍で「おうち花見」目的で購入する人が急増しているといいます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. 赤ベコ より:

    夜桜が1番好きです

  2. 横畑智子 より:

    運転手さんご苦労様です。

  3. Hiro Hiro より:

    これいいね

タイトルとURLをコピーしました