分科会“関係者と自治体のコミュニケーション重要”(2020年10月29日)

分科会“関係者と自治体のコミュニケーション重要”(2020年10月29日)

政府の新型コロナ対策分科会は大都市の歓楽街での感染対策について、事業者や従業員とのコミュニケーションが最も重要との見解を示しました。

 分科会では歓楽街の事業者や従業員のなかには性的マイノリティーの人や外国人コミュニティーなど情報が届きにくい集団もあるとして、新型コロナウイルスに関する正しい知識や情報などをSNSを活用するなど、様々な方法で共有することが確認されました。また、偏見や差別を生まないためにも感染が拡大していない平時から歓楽街の関係者と自治体が相互にコミュニケーションを取ることが最も重要だとして今後、国からいわゆるリスクコミュニケーションの専門家を地方に派遣するなどの支援を行う方針です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. wひとし より:

    どすこい〜

  2. Ocean's Wahead JabaL より:

    政治家に実態の無い形骸化された組織に未だ指揮権があるのか?

  3. 美人ギタリストギャハ子 より:

    もういい。クパァしとけ

タイトルとURLをコピーしました