「政権の足引っ張る程でない」余裕も・・・新事実に懸念(2021年3月15日)

「政権の足引っ張る程でない」余裕も・・・新事実に懸念(2021年3月15日)

今後、総務省幹部らへの接待問題は政権にとって大きな火種となるのでしょうか。国会記者会館から報告です。

 (政治部・相沢祐樹記者報告)
 取材した自民党幹部は、15日の質疑では「何も新しい事実が出ていない」と余裕を見せました。

 野党側は外資規制に違反していながらもBS事業の認定を受けられたのは「菅総理大臣の長男への忖度(そんたく)があったからではないか」として、当時の担当課長の国会招致を新たに求めました。

 これについて与党側は、要求を慎重に見極めながら判断することになりそうです。

 一方で、野党が引き続き求めている山田前内閣広報官や菅総理の長男の招致は「一般人である」として応じない方針は揺らいでいません。

 自民党幹部は、接待問題は「政権の足を引っ張るほどではない」とあくまで余裕を見せていますが、一方で「終わりがどこになるのか分からない」とも漏らしていて、今後、新しい事実が出てくるのを懸念しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. 本物の葱 より:

    政治家はアホだなぁ

  2. 赤ベコ より:

    野党は日本国の足を引っ張らないで下さい

  3. A Aaa より:

    もはや自民党の反対はテロしかないな

  4. 柚子の浜っ子 より:

    あーあ一般人ね…上級国民が言うかね

  5. カイグリーン より:

    政権交代しなきゃ日本は貧困まっしぐら❗

  6. Johnny G 7【ACA】 より:

    事実は小説よりも奇なり

  7. 桃の助 より:

    管長男逮捕→管親父後継者消滅が終わり
    官僚何匹差し出しても無駄
    管長男のクビが求められてる

  8. ねこが転んだ より:

    役人と議員は、寄生虫ですかい

  9. Keep on rockin'! より:

    キャスターおろせよ!

タイトルとURLをコピーしました