“貧困地域”支援も コロナ後「旅行の新しい形」(2020年11月1日)

“貧困地域”支援も コロナ後「旅行の新しい形」(2020年11月1日)

『未来をここからプロジェクト』。
コロナ禍で、藁をもつかむ思いで始めた「新しい旅行の形」が少しずつ育ち始めています。

▽航空、旅行業界の需要激減。
ANAが発表した赤字見込み額は過去最大の5100億円、JALも2400億円以上になると見られています。
そんな苦境の続く旅行業界の星が、時間的・空間的にも制約を受けない「オンライン旅行」です。

HISでは「世界5都市を巡るツアー」が5000円、「人気占い師に占ってもらうインドツアー」は3600円~。
今や600以上のオンライン旅行を展開し、利用者数も4月以降伸び続け、2万3千人を超えています。
HIS担当者「次の旅行はどこに行こうかな、とつながったり、今後HISの新たな屋台骨の事業となる、ここを目指して力を入れていく。」

▽収益の柱となる企業も
オンライン旅行を収益の柱にまで成長させた会社が、香川県の琴平バスです。
これまで主力だったバスツアーの売り上げは、4分の1まで激減。
しかし、オンラインツアーが売り上げの25%を占めるまでに成長しました。一体、何が受けているのでしょうか?

この日行われていたのは、福岡の名所を巡るツアー。
ツアーガイド「日本一と言われている、大しめ縄でございます」

事前撮影した絶景映像を組み合わせるなど工夫し、お店に立ち寄ると”特産品”の購入サイトが紹介されるシステムも導入しました。
参加者「醤油がすごくいっぱいあって、お取り寄せしてみたいと思いました」

そんなオンライン旅行、こんなニーズも掘り起こしているといいます
 ・介護が必要な家族との旅行<利用者のメリット>
 ・自宅から、短時間で添乗員の仕事ができる<働く人のメリット>

▽貧困を救う一助に
今年6月からオンライン旅行に参入した「Travel At Home」。それまで旅行とは全く無縁で、海外で自動車リースなどを行ってきました。
現在、世界30カ国のディープな旅を提供しています。

<ウガンダツアーの様子>
現地ガイドのクリスさんが案内してくれたのは、地元の人しか行かない市場「ナカセロマーケット」。
RPGのように行きたい場所をその場でガイドに伝えて、自らプランを組み立てることができます。

クリスさんに食堂で紹介してもらったのは、ウガンダのファストフード。
オンラインでは残念ながら味わえないので・・・

スタッフ 「ちょっと食べるのが見たいなぁ」
現地ガイド「熱っ、おいしいけど熱い。卵もチャパティも塩味」

現地ガイドとの掛け合いが魅力の、このツアー。
料金は1時間4000円で、そのうち3000円がクリスさんに入ります。
これはコロナ禍で物価が急上昇しているウガンダの人にとって、大きな収入です。

現地ガイド
「1回やると、1週間です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. 赤ベコ より:

    春先にGOTOの予算つけるのすら反対してたメディアや野党はどうやって言い訳するの?

  2. セリーヌ本田 より:

    都構想賛成派の奴息してるー?笑

  3. 緑色トカゲ より:

    いいね!どんどん旅行したらいいと思います!

  4. 夢見師 より:

    ただ一方的に見せられるだけで満足するのかなあ….ちょっと疑問。
    これって閲覧ではあっても参加じゃないと思う。見せるだけならZOOMである必要すらもない(セキュリティーリスクさえあるのに)。琴平バスさん、これでは応援できそうもありません。すいません、客でもないのに余計な事いって。

  5. Yo Airyug より:

    コロナ後⁇コロナまだまだ始まらないでしょう?

  6. キーボードペッパー より:

    こんなん一時的だよ。
    やっぱ五感で体験しないと。

  7. SHINE ANN より:

    あほ過ぎ!w

  8. 淫夢初心者 より:

    沼津の人達待ってろよ。
    来年の元旦、俺様が助けにイクからよ☺️

  9. Nao Taiwan より:

    こういう形も悪くないね,特に家庭の都合や体調等の理由で旅行に行けない方にとって。グルメ食べてるとこもおもしろい。熱い熱いとまるで自分も味わっているように~。でも見れば見るほどより現地へ行きたくなります~

タイトルとURLをコピーしました