被災地を取材 報道写真展 平沢復興大臣が訪問(2021年3月17日)

被災地を取材 報道写真展 平沢復興大臣が訪問(2021年3月17日)

東日本大震災から10年。福島県の被災地の様子を取材した報道写真展を平沢勝栄復興担当大臣が訪れました。

 会場には福島民報のカメラマンが取材した被災地の写真約40点が展示されています。

 津波や原発事故の恐ろしさを伝えるものや復興の様子を撮影したものもあります。

 平沢大臣は「こういう大きな災害があったと全然知らない方もいる」と指摘し、若い世代に様々な形で震災の記憶を伝えていく重要性を強調しました。

 そのうえで「被災地に思いをはせて頂ければ、被災地も大きな力をもらって元気になれると思う」と述べました。

 この展示は東京・品川区の城南信用金庫本店で今月末まで開かれています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. A Aaa より:

    人が住んでない荒廃した土地を映せよ。ネットがあるのにごまかせると思っての隠蔽かwこれだから爺はw

  2. 世英【せいえい】 より:

    さっそく品川区の城南信用金庫本店に行くべ。福島民報は私が知る記者さんがたくさんいますので…。私が以前お世話になった会社なのです。

  3. 高野喜忠 より:

    被災地訪問て言っても、何の復興事業を打ち出して、幾ら上前跳ねられるかの材料探しに訪問した爺。

  4. fiend より:

    なんにもできねーよ、平沢は。

  5. 2つ目のアカウント より:

    復興担当大臣はどのような仕事をしていますか?の疑問

タイトルとURLをコピーしました