EU 「ワクチンパスポート」の計画を発表(2021年3月18日)

EU 「ワクチンパスポート」の計画を発表(2021年3月18日)

EU(ヨーロッパ連合)は新型コロナウイルスのワクチン接種を証明するいわゆる「ワクチンパスポート」の導入に向けた計画を発表しました。

 EUは17日、新型コロナウイルスの感染が広がるなかでもEU内での自由な移動を促進するため、「デジタルグリーン証明書」の計画を示しました。

 ワクチンの接種歴を証明するほか、接種していない人への差別を防ぐためとして、検査の陰性証明や感染歴を示すものにもなる見通しです。

 証明書は無料で、デジタルまたは紙の形で発行されます。

 6月中旬までの導入を目指すとしていて、今後域外の国と互換性を持たせることも検討しています。

 ワクチン接種の証明書を巡っては、観光業への依存度が高い南ヨーロッパを中心に夏のバカンス前の導入を求める声が上がっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. 本物の葱 より:

    偽造されて終わり

  2. TaKe より:

    うーん。まぁしゃーないかなぁ。あまり好ましくはないけど。

  3. JACK WEI より:

    もちろん有効期間的なあるよな?
    ワクチンの効果は永遠じゃないし

タイトルとURLをコピーしました