日本学術会議任命問題 元会長「任命拒否の理由を」(2020年10月9日)

日本学術会議任命問題 元会長「任命拒否の理由を」(2020年10月9日)

日本学術会議の任命問題を巡り、野党は会員の選考に関する政府の関与などについて元会長からヒアリングを行い、元会長は事前に総理官邸に説明していたことを明らかにしました。

 日本学術会議・大西元会長:「選考プロセスについて選ぶ側に理解をしてもらうのは必要だと思っていた。(事前の)説明をするのはやぶさかではないと。ただ、その時に官邸の意向で選考が変わるということはあってはいけないと」
 また、大西氏の前に会長を務めていた広渡氏は、政府が6人の任命を拒否したことについて「菅総理大臣の判断は、誤っているとしか言いようがない。拒否した理由を説明しなければ総理の責任は果たせない」と強調しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. 八葉 より:

    任命するかしないかなんて総理の自由なんだからほっとけよ。

    これだから頭でっかちゃんわ…
    ┐(´д`)┌ヤレヤレ

  2. リアム・ギャラガー より:

    推薦した理由を述べよ
    静岡県知事・沖縄県知事が声上げ始めたところでもうお察し案件…

  3. 淫夢初心者 より:

    菅総理はようやっとる。

  4. キャッチーGB より:

    山極とかいうやつが今回やらかしたんじゃないの?

  5. HarumakiTV より:

    理由言っても騒ぐだろお前ら

  6. 錦馬超 より:

    理由なんか聞かん方が良かったっちゅう事もある、菅の優しさかもしれへんで

  7. M Kawaii より:

    静岡県民は君たちの知事が総理の教養ないとか的はずれなこと言ってあることに恥ずかしく思うべきだよ。
    おかしいよね?言動が

  8. kn m より:

    学問やりたければ自由にやってええんやで止めてないで

  9. 晴れニッポン より:

    前例がないだけでエラそうに

  10. Wendy paen より:

    日本の軍事研究は反対しといて中国には協力するのはなぜですかねぇ?
    あと学問の自由を謳っておきながら北海道大学の研究を止めさせたり色々と矛盾している組織。

  11. 無党派. より:

    独立した日本学術会議や最高裁判官の任命権が総理大臣に在る事がおかしい。
    独立した組織の任命権を中立な立場に権限を持たす法律に変えなければ今後も問題が起こりうる。

  12. Y ねぎ Y より:

    いらねー

  13. 五五伍 より:

    禿げとるやないか!

  14. せんせー より:

    ア カ だ か ら !以上!

  15. ギャハハハ ギャハハハ より:

    いつまでしてるのギャハハハ

  16. ホウズキ上総介 より:

    何度も言ってるけど予算に見合わないから見直すっていうだけですよ

  17. ncfe11 より:

    学者なら任命拒否の理由を研究してみては?
    任命することで、日本と日本国民に得られるメリットを示せば支持を得られますよ

  18. A61 O より:

    こんな学生にも利益を生まない組織解体したら!文科省は、何をやっているのか!

  19. 関和彦 より:

    逆を言えば105人の中の6人しか任命拒否をしていないのです。
    反日思想活動家として指導的な役割を果たしている学者を内閣府の組織である日本学術会議のメンバーに政府が拒否するのは当たり前のことです。
    任命されれば国家公務員特別職の身分となるのですから、国家と国民の為に奉仕しなければならないのです。反日思想の指導的立場の学者を任命することの方が総理大臣の任命責任が問われます。
    学問の自由と思想活動は無関係であり、自衛隊の潜水艦に技術利用出来るからと言って北海道大学の流体技術研究を日本学術会議の名のもとに中止に追い込むことの方が学問の自由を阻害していると考えます。こうした体質こそ問題にしなければならない筈ですが、学術会議会員の下には学術会議協力会員が約2千名おり、殆どが左翼勢力の研究者です。日本学術会議会員の定員は210名ですが、任期は6年であり再選はされませんが参議院議員と同様に3年ごとに半数の105名が入れ替わります。そして学術会議協力会員の中から退任する会員が後任を推薦する構図になっています。
    従っていつまで経っても左翼学者の系統が変わることがないのです。
    このような組織が国家組織として存在すること自体がGHQの占領政策の名残りであり、今では中国の協力組織となってしまったのですから、早急に廃止しなければならないと思います。
    私は右翼でもなく、一人の日本男子ですが、タブーとされてきた日本学術会議の闇に踏み込んだ菅総理大臣の勇気と政治信条を称え、応援したいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました