香川県内5例目の鳥インフル けさから消毒と殺処分(2020年11月15日)

香川県内5例目の鳥インフル けさから消毒と殺処分(2020年11月15日)

鳥インフルエンザの発生が相次いでいる香川県三豊市の養鶏場で、新たに県内5例目の発生が確認されました。

 14日、三豊市の養鶏場から「死んでいるニワトリが多い」と連絡があり、遺伝子検査を行った結果、高病原性とみられる「H5亜型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。この養鶏場は、卵を採るためにニワトリ約7万9000羽を飼育していて、県は15日午前5時から消毒と殺処分を行っています。鳥インフルエンザが確認された5つの養鶏場のうち、この養鶏場を含めた3つの養鶏場は同じグループ会社で、県では人や飼料の行き来について調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. 休校のおっちゃん【登録者1000人いったら売名やめる】 より:

    取り敢えず休校

  2. 本物の葱 より:

    これはヤバイね

タイトルとURLをコピーしました