山口・上関大橋に20センチ程の段差 通行止め続く(2020年11月16日)

山口・上関大橋に20センチ程の段差 通行止め続く(2020年11月16日)

14日、段差が見つかった山口県上関町の上関大橋は現在も全面通行止めが続いています。

 上関大橋は上関町の長島と本土とを結ぶ唯一の橋です。橋の接続部分に20センチ程の段差が見つかり、14日夜から全面通行止めになっています。上関町は通行止めの直後から臨時の渡し船を無料で運航し、島民の交通手段を確保しています。
 船を利用した高校生:「登校する時に困る。いつもはバス1本で行ける」
 16日、山口県の村岡知事が現場を訪れ、橋の現状を視察しました。村岡知事は17日か18日までには片側での交互通行の開始を目指すとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. TaKe より:

    20cmで気づいてよかった

  2. 本物の葱 より:

    大地震に備えろ

  3. cat tame より:

    手抜き工事だな。鉄筋を抜いたんだろう。

  4. ワロタの海 より:

    全部逮捕しろ!例外なく!

  5. とっつぁんチャンネル より:

    東南海トラフ地震の前兆なのか❓

  6. 赤ベコ より:

    僕も20センチ隆起しました

  7. 鈴木秀世 より:

    下部基礎はどうなっているのだろう?
    ずれてる断面映すより其方が大事なんだが。

  8. ドドド より:

    1969年に開通した橋だろ、補修工事入れてるとはいえ50年経って20cmで済んでるならむしろ凄いと思うわ

  9. Noticias より:

    きっと田布施システム

タイトルとURLをコピーしました