新型コロナワクチン開発 米モデルナ「94.5%効果」(2020年11月17日)

新型コロナワクチン開発 米モデルナ「94.5%効果」(2020年11月17日)

アメリカのバイオテクノロジー企業「モデルナ」は開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、「94.5%の効果が得られた」とする臨床試験の暫定的な結果を発表しました。

 モデルナは16日、ワクチン開発の最終段階となる大規模な臨床試験の結果を発表しました。新型コロナウイルスに対して「ワクチンが94.5%の確率で効果を示した」としています。アメリカではファイザー社のワクチンでも「90%以上」の有効性が確認されていて、来月中にも両社のワクチンの緊急使用が始まる可能性が出てきました。ただ、このタイプのワクチンは低温で保存・運搬する必要があるなど課題も残されています。日本政府はモデルナと2500万人分のワクチン供給を受ける契約を結んでいます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. お兄ちゃんしーよ より:

    いちこめ

  2. 0120 1オシ様々チャンネル より:

    このワクチンもまだ信用ならん

  3. wひとし より:

    モデルナはもー出るな

タイトルとURLをコピーしました