コロナで変わる正月“早めの初詣”ご利益に変化は?(2020年11月17日)

コロナで変わる正月“早めの初詣”ご利益に変化は?(2020年11月17日)

新型コロナウイルスは、これまでの初詣のスタイルを大きく変えることになりそうです。

 さいたま市の武蔵一宮氷川神社は毎年200万人以上が訪れる初詣の名所です。しかし、コロナ禍のなかで心配されるのが来年の初詣の際の「密」です。おさい銭のキャッシュレス化やオンライン祈祷(きとう)など、全国の神社で様々な感染対策が行われるなか、氷川神社の対策は「分散参拝」。なんと、今年のうちから「早めの初詣」をするお願いです。もちろん、早めの初詣に来る人のために今月30日から、お札や縁起物グッズなども用意しました。さらに、三が日は参道を一方通行にしたり、露店の出店も中止するなどの対策も。そして・・・。
 武蔵一宮氷川神社・遠藤胤也権禰宜:「新型コロナ感染症対策のためにひしゃくの方は中止しております」「(Q.『パイプ式』になっている?)そうです」
 参拝の際に両手を清めたり口をすすいだりする「手水」も形を変えました。それでも、「行列」や「密」になりやすいため、混雑時には中止する予定だそうです。
 せっかくなので、宮崎ディレクターも新型コロナ終息を願って早めの初詣。しかし、こんなに早い時期に初詣をしてご利益に変わりはないのでしょうか。
 武蔵一宮氷川神社・遠藤胤也権禰宜:「このような事態で神様も重々お分かりになられていますから。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. 休校のおっちゃん【登録者1000人いったら売名やめる】 より:

    初詣とは

  2. 魔界のガーネットさん より:

    露店もないなら行く気しないわ

  3. 本物の葱 より:

    神様信じてる奴おって草

  4. コンドルがよろこんどる より:

    ただの詣やん

  5. あらびき より:

    いろんな内容で人が集まる内容ならどれぐらい中止になる?

  6. タマタマ より:

    普通に3が日に行きます!

  7. uenochi次郎 より:

    こんなもん行けるか、中止しろ

  8. 455 717 より:

    お守りは購入日から一年間が有効らしいよ

タイトルとURLをコピーしました