東京五輪の入場行進 森会長「選手減らすべき」(2020年11月19日)

東京五輪の入場行進 森会長「選手減らすべき」(2020年11月19日)

東京オリンピックの開会式について、大会組織委員会の森喜朗会長が入場行進に参加する選手の数を従来よりも減らすべきとの考えを明らかにしました。

 大会組織委員会・森喜朗会長:「従来と違うなという評価を受けるとするなら開会式の行進じゃないでしょうか。アスリートもある程度、我慢をして頂かなきゃならん点もあると思います」
 18日まで開かれた東京大会に向けての会議で、競技場などでは可能な限り選手らの間隔を2メートル空ける方針が確認されました。これを受け、組織委員会の森会長は開会式で行進する選手の数を減らすべきとの考えを示しました。一方で、IOC(国際オリンピック委員会)のコーツ調整委員長は「伝統をあまり変えずに選手に行進する機会を与えたい」と話し、食い違いが見られました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. 藹藹さー より:

    この状況でオリンピックは草

  2. Hashimoto より:

    IOC側の意見、前例主義ここに極まれり。

タイトルとURLをコピーしました