新型コロナワクチン 米で来月11日にも接種開始(2020年11月23日)

新型コロナワクチン 米で来月11日にも接種開始(2020年11月23日)

新型コロナウイルスの感染拡大が続くアメリカでワクチンの接種が早ければ来月11日にも始まる見通しであることが分かりました。

 米政府「ワープ・スピード作戦」、スラウイ首席顧問:「(Q.ワクチン接種はいつ始まるのですか?)当局の承認の翌日、来月11日か12日ではないか」
 アメリカ政府でワクチンの開発や普及を主導する「ワープ・スピード作戦」のスラウイ首席顧問はCNNのインタビューで、早ければ来月11日にもワクチンの接種が始まると述べました。来年5月ごろには国民の7割が接種できるとしています。このワクチンは製薬大手「ファイザー」が当局に緊急使用許可を申請しているもので、日本政府と1億2000万回分の供給で合意しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. 島田実 より:

    強制?

  2. 竈門炭治郎 より:

    強制?

タイトルとURLをコピーしました