小池都知事 厚労大臣に重症患者用ベッド確保を要請(2020年12月1日)

小池都知事 厚労大臣に重症患者用ベッド確保を要請(2020年12月1日)

東京都の小池知事は田村厚生労働大臣と面会し、新型コロナウイルスの重症患者用のベッドの確保などを要請しました。先月30日、東京都の重症者は70人確認されています。

 小池都知事:「重症者が3人増えて70人ということで、重症用ベッド確保のお願いにも伺った」
 小池都知事は重症用ベッドの確保のほか、今後、海外から日本に来る人が増えるとして、病院で国籍を明確にできる制度を確立することなどを田村大臣に要望しました。都内の重症患者は増加傾向が続いていて、5月10日以来の70人以上になっています。また、先月30日に新たに確認された感染者は311人で、武蔵野市の病院で患者や職員ら27人の感染が確認されるなど重症化リスクが高い病院や高齢者施設での感染が相次ぎました。厚生労働省によりますと、全国の重症者の数は8日連続で過去最多を更新していて、先月30日午前0時の時点で472人に上っています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました