台風、和歌山・潮岬の南海上に 太平洋側は大雨警戒(2020年10月10日)

台風、和歌山・潮岬の南海上に 太平洋側は大雨警戒(2020年10月10日)

台風14号は現在、紀伊半島の南の海上を進んでいます。太平洋側を中心に大雨や暴風に警戒が必要です。

 台風14号は10日午後1時には和歌山県の潮岬の南の海上にあって、東北東へ進んでいるものと推定されます。中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートルと推定されます。台風は暴風域を伴ったまま東よりに進み、11日の明け方から朝にかけて伊豆諸島南部に最も近づくでしょう。その後は勢力を弱めながら次第に進路を南よりに変え、12日の朝には熱帯低気圧に変わる見込みです。台風は陸地からやや離れた所を進んでいるものの、本州の南に停滞する秋雨前線の活動が活発になっていて、この後は東日本の太平洋側で激しい雨の降る所があり、伊豆諸島では11日にかけて非常に激しい雨が降る恐れがあります。11日正午までに予想される雨の量は伊豆諸島の多い所で300ミリとなっています。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒をして下さい。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. 竈門炭治郎 より:

    大雨やばいね

  2. 休校のおっちゃん【登録者1000人いったら売名やめる】 より:

    何事もない事を祈ります

  3. Brit Babadale より:

    OH!もうフィニッシュ? ダメねえ lol

タイトルとURLをコピーしました