被災地の生の姿を・・・復興の歩み伝える写真コンテスト(2021年3月8日)

被災地の生の姿を・・・復興の歩み伝える写真コンテスト(2021年3月8日)

まもなく、東日本大震災から10年です。この節目に復興の軌跡をたどるフォトコンテストが開催され、約3500枚のなかからグランプリの1枚が選ばれました。

 復興庁などは「東日本大震災発災10年フォトコンテスト」を主催し、被災地を撮影した作品を募集しました。
 選考の結果、グランプリの「復興大臣賞」には、岩手・陸前高田市役所の新庁舎を撮影した村上真さん(28)の作品「復興の標(しるべ)」が選ばれました。

 復興大臣賞受賞・村上真さん:「全然、入賞しないかと思ってたんですけど、まさか復興大臣賞だと思わなくて、大変驚いております。(復興の)一番最初に完成した公営住宅と、一番最後に着工した市役所の新庁舎が映っているのと、奥の方に分かりづらいが、防潮堤だったり、少しずつ10年間でできていったものが入ってくれた。最後に、一番変わらない三陸の海まできれいに入ってくれた」

 当時、陸前高田市の市役所は津波で流され、全壊しました。
 去年12月に撮影されたこの1枚。かさ上げされた土地にともる、ほのかな明かりとともに写る公営住宅と立派な市庁舎。
 この写真から伝わるのは、10年という歳月が成し遂げた復興、そして、変わらずそこにあり続ける三陸の海です。

 しかし、村上さんは、ある思いのなかでこの写真を撮影しました。

 復興大臣賞受賞・村上真さん:「2018年くらいから、色々な建物が建つようになってきて、本当に明かりが街に戻ってきたタイミングなのかなと。ここ10年間でハード面の道路とか、橋や防潮堤とかそういうものは戻ったけど、最後は人、ソフト面でもっと強くなれればいいのかな。地元の人だけでは無理なので、市外だったり県外だったり海外でも、色々な方とのつながりをもう一回新しく構築できればなと。これをきっかけにして、もっといい街になってほしい」

 隣の岩手県大船渡市から毎日、勤務地の陸前高田市に通う村上さんがこの10年で感じたのは、少しずつ進んでいる復興と「つながり」の大切さでした。

 復興大臣賞受賞・村上真さん:「震災の時、高校生で何もできなかった。大学生で地元にいても常に力になれるような状況ではなかった。何もないような状態から始まったので、私は本当に復興は進んだと思っています。皆につくってもらったので、これから若い人たちで盛り上げていきたいなと思います」

 また、優秀賞には宮城県山元町の色鮮やかなひまわり畑の写真や、福島第一原発から7キロにある福島県浪江町の請戸漁港の写真が選ばれました。
 漁港の周辺はいまだ施設や住宅がほとんどが損壊したまま手付かずです。
 そんななか、ようやく復旧の兆しを感じさせる1枚でした。

 復興庁調査・調整班主査、田牧祐典さん:「まさに被災地の方に撮って頂いてる写真が多くて、被災地の生の状況や生の姿を写してもらった」

 受賞しなかったものの、印象に残る写真を担当者に聞きました。
 それは、津波の被害で多くの方が亡くなった宮城県女川町での1枚です。

 復興庁調査・調整班主査、田牧祐典さん:「1月1日初日の出に撮られた写真で、街自体の設計が、日の出が道の中心を通るように中心から上がるように設計されている。人もたくさんいて、にぎわっているという意味で、震災10年経って復興の歩みを伝える良い写真だなと」

 今回受賞した作品は今後、東北の魅力を発信するポスターなどのPR活動に使用されます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. machcheckory より:

    毎年3.11が近づくと柏木由紀を思い出して怒りが込み上げてくる
    【あっ そうそう 皆さん地震大丈夫ですか?(>_<)】 人の命を何だと思ってるんだ

  2. ギブアップ白ネコちゃん より:

    青い袈裟きたお坊さんが雪の中供養してる写真が印象に残ってます

  3. Blue dog より:

    都知事が経済潰している最中。
    PCR検査がいかに意味のないことは、他のyoutubeで調べればわかる。
    ワクチンが危険なことかも。Twitterは隠ぺいが始まているよ。
    mRNAワクチンを打つと遺伝子が変わるから異常が起きる。
    どこに起きるかわからないから、因果関係がわからない。
    だから保証は受けられないよ。いつ後遺症が出るかもわかっていない。
    気を付けよう。自分の大切な人を守ろう。

タイトルとURLをコピーしました