梶山経産大臣 日本学術会議めぐり「丁寧な説明を」(2020年10月12日)

梶山経産大臣 日本学術会議めぐり「丁寧な説明を」(2020年10月12日)

梶山経済産業大臣はBS朝日の番組に出演し、日本学術会議が推薦した6人が任命されなかった問題で、菅総理大臣と梶田会長でしっかり話し合うことが重要との考えを示しました。

 梶山経済産業大臣:「当事者同士が会って忌憚(きたん)のない意見交換をすることがまず大事なのではないか」
 梶山大臣はそのうえで、「丁寧な説明が必要。しっかり話し合って直すべきところは直していくべき」と述べました。また、13日から始まるエネルギー基本計画の見直しに関して「脱炭素社会を目指すなかでのベストミックスをどうするのか考えなければいけない」と意欲を示しました。今後、注目される洋上風力発電で日本メーカーが存在しないことについては「遅れを取り戻さないといけない」と述べ、産業として発展させる必要性を強調しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. レイア姫 より:

    呑気なもんですね

  2. 山田太郎 より:

    「総合的俯瞰的な観点」は意味不明すぎ、任命除外の具体的理由と経緯を示すべき
    併せて他の憲法や法律における「任命」の解釈についてもこの際明確化してほしい

  3. TaKe より:

    梶田さんがんばれ‼︎

  4. Hs Et より:

    総合的、俯瞰的活動を確保する観点から任命を判断したというコメントと、菅総理がリストを見た時には、6人が既に除外されていたという事実は、矛盾するし、辻褄が合わない

  5. 珈琲牛乳 より:

    経済には現状認識と予測が大事なのに、問題の認識すらキチンと出来てない経済大臣って大丈夫なの?

  6. 無知故にマダラ より:

    何だ話し合いって❓総理の権限で決定した事をひっくり返すつもりか❓

    気に入らないなら総理を変えるか憲法を変えるのが筋やろ

タイトルとURLをコピーしました