天皇陛下がビデオメッセージ「互いに思いやりを」(2021年1月1日)

天皇陛下がビデオメッセージ「互いに思いやりを」(2021年1月1日)

元日の1日、天皇陛下は国民に向けたビデオメッセージを出し、コロナ下の国民を案じるとともに医療関係者に感謝を述べられました。

 天皇陛下:「皆が互いに思いやりを持って助け合い、支え合いながら、進んで行くことを心から願っています」
 皇后さま:「今年が、皆様にとって少しでも穏やかな年となるよう心からお祈りいたします」
 ビデオメッセージは中止された新年一般参賀で例年述べるお言葉に代わるものとして出され、皇后・雅子さまもお言葉を述べられました。陛下は医療現場の逼迫(ひっぱく)や感染拡大による失業者らを案じるとともに、医師や看護師らに敬意と感謝を示されました。そのうえで「今年が皆さんにとって希望を持って歩んでいくことのできる年になることを心から願います」と述べられました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. セリーヌ本田5 より:

    小室圭の事ちゃんと説明しやがれ

  2. 赤ベコ より:

    男の子を産むと言う1番の仕事を放棄しやがって

  3. いしトモ より:

    ありがたいお言葉ですね。日本は東京オリンピックを控え、正念場の年になりそうです。医療関係者の苦労に目を向けられるのは素晴らしい。国民と共に歩んでいく天皇という感じがします。

  4. ひゅるる手羽先 より:

    穏やかな年になればいいね^^

  5. 美和 より:

    本年もよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました