量子暗号通信を事業化へ 情報漏洩の完全防止に期待(2020年10月19日)

量子暗号通信を事業化へ 情報漏洩の完全防止に期待(2020年10月19日)

理論上、解読や盗聴ができない次世代の暗号技術「量子暗号通信」を東芝が国内で初めて事業化すると発表しました。

 量子暗号通信はスーパーコンピューターの能力を超える量子コンピューターでも解読できず、「究極の暗号」と期待される技術です。東芝はこの分野での特許の数が世界一で、国の研究機関から受注したほか、アメリカやイギリスの大手通信会社と提携して今年度から事業を始めると発表しました。中国ではすでに実用化に向けたインフラ整備が拡大しているほか、韓国やドイツでもネットワークを構築する動きが始まっています。東芝は2025年度までに国内でサービスを開始し、市場規模が2兆円を超える2035年度にはシェア25%を目指すとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. にくにく より:

    家着いた。
    テスト期間は早く帰れるからいいね〜

  2. N M より:

    サムネがかっこいい

  3. とにかく粛清するスターリン より:

    量子コンピューターってたしかグーグルが10億くらいで購入してた

  4. Michael J より:

    すげー。
    菅が辞めたらもっとすげー。

  5. 山田san より:

    サザエさん
    技術の東芝でございまーす〜♫

  6. すみかは 金持ちの庭の池 より:

    ??「東芝は我が国のものだ!!」

  7. ボックス より:

    通信は安全だけど、なりすましっていう根本的な問題があると思う

  8. チョコボーイ山口 より:

    真性乱数たる振る舞いや秘匿性が担保されるのはノードの出口と入口の間の通信だけで…
    クライアントからノードまでは…おっと誰か来たようだ(白目)

  9. i jokinawa より:

    日本の最先端すぎるとこ好き。世界の東芝素晴らしい。

  10. こう より:

    日の丸企業頑張れ。

タイトルとURLをコピーしました