ステイホーム・・・SNSやゲームで児童に迫る危険と対策(2021年4月30日)

ステイホーム・・・SNSやゲームで児童に迫る危険と対策(2021年4月30日)




小学生の2人に1人がスマートフォンを利用していると言われるなか、小学生を狙うSNS犯罪が増えています。

こうした小学生を狙ったSNS犯罪の実態を“とある実験”で描いたチェコのドキュメンタリー映画が注目されています。

日本でも先週に公開された『SNS‐少女たちの10日間‐』では、成人した3人の俳優が“12歳女子”という設定でSNSへ登録し、「自分から連絡しない」「誘惑や挑発はしない」「12歳であることをハッキリ告げる」など、一定のルールのもと、そこで起きることを10日間、検証しました。

その結果、10日間で接触してきた男たちは2458人。そのほとんどが性的な目的でした。実際の犯罪の証拠として、チェコの警察を動かし、8人が逮捕され、現在も53人が捜査対象となっています。

チェコでは、再編集したこの映画を、一部の学校ですでに教材として取り入れています。

こうした子どもの被害は、日本も他人事ではありません。

子どものSNS被害に詳しいITジャーナリスト・鈴木朋子さんによりますと「日本でも同様のことが起きている。特に日本ではSNSだけでなく“オンラインゲーム”でも危険性がある」と指摘します。

例えば『ボイスチャット』は本来、ゲームをしながら仲間と話すためのツールですが、これを悪用して「アイテムをあげるから」などと、言葉巧みにSNSの連絡先を聞かれ、犯罪につながってしまうケースもあるといいます。

鈴木朋子さんによりますと、子どもたちを守るために、親ができる3つの対策があるといいます。

・監視
 子どものスマートフォンの利用状況を監視することができる機能があります

・制限
 子どものスマートフォンを遠隔操作し、利用時間を制限する機能があります

・防御
 年の離れた人からのメッセージを検知・ブロックする機能があります

鈴木朋子さんは、こういった機能だけに頼らず「親子で会話をして、SNS犯罪の危険性を共有することが大事だ」と指摘します。

そのためには、まず親自身がSNSやオンラインゲームを体験し、実例などを交えながら、子どもに危険性を丁寧に伝えることが大切だとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. 【目標450人】酩酊の帝国 より:

    最近はインスタに上げてる女の子が多いからね〜ちょっと心配。

  2. 編集済み より:

    マホト

  3. まゆゆいただき〜 より:

    親自身がSMを体験する??いやらしい〜

  4. 栗田和典 より:

    ネット出逢いは犯罪のはずなんだけど?

    なんか全世界でネット援交が流行ってんのなんでかな( ´~`)

  5. Re ku より:

    クパァ

  6. イキスギ先輩 より:

    小学生がスマホもっていたとしてもどうせ高学年だし興味ない

  7. boon i より:

    男の声がソウの人形で笑える

  8. z z より:

    まんまマホトやん

  9. John Doe より:

    よし日本でもやれ

  10. ろりす3 より:

    馬の擬人化ゲームでもやりなよ

  11. ろりす3 より:

    パパ活やりやすそうだな。

  12. サイドン より:

    つまりマホトは1人いたら30人いるってことか

  13. Michael J 【2015年登録】 より:

    あんなおっさんになったら人生終了だろ

  14. 좋은생각 より:

    ☢日本人が地球の井戸に毒を入れた。☢☢日本人が地球の井戸に毒を入れた。☢☢日本人が地球の井戸に毒を入れた。☢☢日本人が地球の井戸に毒を入れた。☢☢日本人が地球の井戸に毒を入れた。☢☢日本人が地球の井戸に毒を入れた。☢☢日本人が地球の井戸に毒を入れた。☢☢日本人が地球の井戸に毒を入れた。☢☢日本人が地球の井戸に毒を入れた。☢☢日本人が地球の井戸に毒を入れた。☢☢日本人が地球の井戸に毒を入れた。☢

  15. プレアデス星人が宿敵 より:

    「うちはきちんとやってます、SNSも一緒にやってます」というキャスター達。
    私はそういう家族が一番怖い。何の恐れげもなく子供と同一化して。
    まあ、そのまま品行方正なつもりで将来は国奴や社畜となればよい。
    日本はそういう人から養分を吸い上げる事で出来ている。但し破滅は自己責任で。
    ご苦労様。

  16. あぁあぁあぁあぁあ より:

    こんなの斎藤さんにごろごろいるよw

タイトルとURLをコピーしました