全日空 コロナで大幅減 国際線再開は羽田優先へ(2020年10月22日)

全日空 コロナで大幅減 国際線再開は羽田優先へ(2020年10月22日)

新型コロナウイルスの影響で国際線の大幅な減便が続くなか、全日空は需要が回復して国際線を再開する場合、羽田発着の便を優先させる方針であることが分かりました。

 全日空の国際線は現在、関西、中部の全便が運休しています。来月は19日現在、羽田で87%減、成田も80%減で、合わせて800便の運航にとどまっています。関係者によりますと、新型コロナの影響で収益が落ち込むなか、今後、運休路線を再開するなど国際線を増やす場合は収益性の高い羽田発着の便を優先させるということです。成田、関西、中部の運航便数については需要の回復に応じて検討するということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. ケンシロウ 世紀末救世主 より:

    やぁ( ゚∀゚)ノみんなおはよう

  2. Ken Okane より:

    現状でも実は3〜4割近くの国は日本から隔離なしで旅行できるんだけど、①ただそうした国の感染状況が悪い②どの国に行こうが日本に帰国すると2週間隔離、となる以上さすがにまだまだ海外渡航は厳しい

  3. アップルパイ より:

    中共のせいで経済ガタガタやな!

  4. 223 225 《CARPATHIA》 より:

    がんばろう、全日空。

  5. 佐藤宏 より:

    「対策」で大幅減

  6. TaKe より:

    成田遠いからなぁ。すまんけど。

タイトルとURLをコピーしました