岸大臣と玉城知事が会談 辺野古移設へ理解求める(2020年10月23日)

岸大臣と玉城知事が会談 辺野古移設へ理解求める(2020年10月23日)

就任後、初めて沖縄県を訪問した岸防衛大臣は玉城知事と会談し、在日アメリカ軍の普天間基地の辺野古への移設について理解を求めました。

 岸防衛大臣:「日米同盟の抑止力の維持と普天間の危険性の除去と考え合わせた時に辺野古移設が唯一の解決策とこういうふうに考えています。まず着実に工事を進めていきたい」
 これに対し、玉城知事は「移設工事を中断し、県との対話に応じてほしい」と求め、議論は平行線をたどりました。そのうえで岸大臣は普天間基地周辺の「危険性を取り除くということでは認識を共有している」と述べ、引き続き沖縄県側と対話を重ねて理解を求めていく考えを強調しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. パコダルーフ より:

    ◯共の手下、玉と会話は必要なし!あるのは◯クザの恐喝、金の強要だけ。県民はほぼ認めています。

  2. 大トロ軍艦 より:

    デニーさん理解してくれーーー

  3. kazumi inoue より:

    玉城知事、意外とちびね。

タイトルとURLをコピーしました