都心オフィス空室率5%超 賃料の下落加速の可能性(2021年3月12日)

都心オフィス空室率5%超 賃料の下落加速の可能性(2021年3月12日)

先月の東京都心のオフィスの空室率が5%を上回りました。

 オフィス仲介大手の三鬼商事によりますと、東京の港区や中央区など都心の5つの区にあるオフィスビルの先月の空室率は前の月を0.42ポイント上回り5.24%でした。

 5%を超えるのはリーマンショックからの回復の途中だった2015年6月以来5年8カ月ぶりです。

 新型コロナの影響でテレワークが定着し、オフィス縮小の動きが広がったためとみられます。

 空室率が5%を超えると借り手に優位になり、賃料が下がる目安とされて賃料の下落が加速する可能性があります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. max 36 より:

    空室を中国企業に貸し出すアホが現れないといいが!

  2. ヤマト発進!中国武漢ウイルス100倍変異まで後x日! より:

    ↓東京暴落~
    もう元には戻らない古都w

  3. Transfusions より:

    安倍さん、リーマンショック級が起きれば税率を戻すって言ってなかったっけ?

  4. T T より:

    空室、空家どんどん増えるだろうな

タイトルとURLをコピーしました