“焼き芋界の王者”がピンチ 繁忙期に安納芋入荷待ち

“焼き芋界の王者”がピンチ 繁忙期に安納芋入荷待ち

(2020/10/26放送)

東京・世田谷区にある「焼き芋専門店 ふじ」。

厨房では、専用のオーブンで、40分から1時間かけゆっくりと焼き上げ、芋の甘さを引き出す。

焼き芋専門店 ふじ・上原浩史店主「寒いし、ふらっと入ってくる方多くなるので、冬が一番売れますね」

寒くなるこれからが、店が忙しくなる時期。

しかし、心配なこともあった。

いろいろな種類の焼き芋が売られているが、安納芋だけ、入荷待ちとなっている。

上原店主「問屋自体が、(安納芋)半分くらいしか入ってこないと言っていた、不作で」

この店の安納芋は、鹿児島・種子島の安納地区で作られている。

安納芋は、蜜があふれるクリームのような甘みが特徴。

多いときには、1週間で200~300本ほど売れる店の一番人気。

上原店主「何年か前も不作の年はあったが、数はあったので、止まっちゃうのは初めてですね」

店には、安納芋を求めて買いに来たお客さんの姿もあった。

客「わたしは安納芋が食べたくて、(なくて)あって思いました」、「ちょっとショックでした」

店では、ホクホクとした食感が特徴の紅はるかや、さっぱりとした甘さの紫芋など、8種類の焼き芋を用意している。

その中で売り上げを左右するのは、一番人気の安納芋。

これが用意できないことに、店主は肩を落としている。

上原店主「大変な時期に踏んだりけったり、痛いですね」

安納芋に何が起きているのだろうか。

鹿児島・種子島の西之表市にある生産の現場。

葉や茎が枯れた安納芋。

原因は、基腐病で、こちらの畑は全滅だという。

芋のつるからカビの菌が入り込み、茎や葉、根を腐らせる「サツマイモ基腐病」。

こちらの畑では、安納芋が全滅した。

西之表市では、2020年になって、この病気が広がっていた。

県によると、サツマイモ全体の収穫量は2019年と比べて、およそ25%減り、このうち安納芋については、30%ほど減る見込み。

農家・鮫島誠さん「3年ぐらいすれば(回復する)というが、そう簡単にいくのだろうか。西之表の農家は大変ではないか」

焼き芋シーズンの到来に暗い影を落とす安納芋の不作。

焼き芋専門店でも、安納芋の入荷は未定という。

上原店主「ほかのものを売りながらという感じ。逆に現地の方が大変だと思うから、こっちは頑張るしかない」

(2020/10/27)

#焼き芋 #サツマイモ基腐病

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

コメント

  1. machcheckory より:

    世界で初めて芋を焼いたのは韓国だからね
    韓国人に感謝しなくちゃね

  2. ねちねちねち男「ネットコメンテーター」 より:

    売れるのも最初だけ

  3. 455 717 より:

    薩摩芋かどんな料理が良いですかね

  4. Nn Shi より:

    人間で例えると

  5. 片岡光明 より:

    女の子達は・・・涙!内緒よ。

タイトルとURLをコピーしました