「距離取って」どんな手が? ハロウィン 本場ここまで

「距離取って」どんな手が? ハロウィン 本場ここまで

いよいよ、31日に迫ったハロウィーン。

頭が痛いのが、新型コロナウイルス。

楽しいイベントを諦めたくはないし、かといってソーシャルディスタンスは必要。

何かいい手はないのだろうか。

もしかしたら、そのヒントはアメリカにあるのかもしれない。

例えば…。

あめを筒の中に通して、玄関先にいる男の子がキャッチ。

発明したのは、子どもたち。

日本でいうところの“流しそうめん方式”で、距離を保ったお菓子配りが実現した。

別のお宅でも男の子が発明品を披露。

家の2階から伸びるロープを伝って、下にいる子どもたちにお菓子を渡せる。

発明した男の子「これで僕たちも元気を取り戻せると思うんだ。大きなお祭りだから、やらなかったらみんな元気がなくなっちゃうからね」

一方、大人はスケールが違う。

怖い顔の看板の前にあるのは、車の行列。

これはいったい何?

先に進むと、たくさんの光るカボチャに大きな人形。

ドライブスルーハロウィーンだった。

製作者「ことしはドライブスルーで非接触型になりました。ショーには4,000~5,000個のカボチャが集まっていて大変な作業です」

製作期間は、およそ1カ月。

会場は、牧場の敷地なんだそう。

(2020/10/30)
#ハロウィーン
FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

コメント

  1. 「明日を創るYouTube」OREFU【オレのライフ】 より:

    子供は風物詩を楽しんでいるけど大人はばか騒ぎしたいだけ。( ;∀;)

  2. 晴れニッポン より:

    でも渋谷はトリックオアバイオレンスオア○クシャルだろ

  3. あんたの母さん より:

    ぬいぐるみかぶってところ構わず抱きつくぜ

  4. 病克内話笑中河過さん より:

    ハロウィーンか子供がお菓子をくれないと家に火を付けるぞやったかな。

  5. ねちねちねち男「ネットコメンテーター」 より:

    外国の行事より自分の国の文化を大事にしろよ、外国のマネすんな自分の国の文化に誇りを持てや

タイトルとURLをコピーしました