日曜安全保障 新ジャンル? 8秒の映像分析 中国SNSで拡散“ミサイル”の正体

日曜安全保障 新ジャンル? 8秒の映像分析 中国SNSで拡散“ミサイル”の正体

TikTokやファーウェイなどをめぐって激しさを増す、アメリカと中国の対立。
安全保障も例外ではない。

1日は、対立の鍵を握る、日本の南にある巨大レーダーに迫る。

10月中旬、中国のSNS・ウェイボで出回った、たった8秒の映像。

H-6N爆撃機がつり下げていた新型ミサイルが、世界の軍事専門家の注目を集めた。

この新型ミサイルについて、フジテレビ・能勢解説委員は「西側にはないジャンルの空中発射弾道ミサイル、または、その模擬弾とみられ、その先端は下が平らで、日米の弾道ミサイル防衛では対処が難しい。極超音速滑空体(マッハ5以上で飛びながら機動する飛翔体)の可能性がある」と話した。

その中国にとって目の上のたんこぶ的存在が、台湾の蔡英文政権。

蔡英文総統は、軍の部隊や関連施設を勢力的にめぐって、中国には簡単に屈しない姿勢を示している。

台湾の事実上の後ろ盾になっているのが、アメリカ。

アメリカは、沿岸防衛用のハープーン地対艦ミサイルシステム100基・400発を輸出することを決めた。

なぜ、アメリカが台湾の肩を持つのか。

フジテレビ・能勢解説委員は、「中国のこれまでの潜水艦発射弾道ミサイルと違い、中国が発射実験を繰り返している新型のJL-3ミサイルなら、射程が1万5,000kmとも言われていて、潜水艦を隠すのに適した南シナ海の海中からでも、アメリカ本土を(物理的には)狙えることになりそう」と話した。

中国の新たな脅威への対抗策を持っているのが、台湾。

台湾の楽山という標高2,620メートルの山の上に、巨大なレーダーが建っている。

フジテレビ・能勢解説委員は、「この台湾のレーダーは、アメリカの戦略レーダーの構成品でできている。南シナ海から発射される弾道ミサイルの追尾を行い、そのデータをリアルタイムで送れるなら、アメリカは反撃や迎撃できるかもしれない。つまり、台湾はアメリカ本土防衛の目となるかもしれない」と話した。

中国は今後、南シナ海でのミサイル原潜の活動強化を図り、それを見越したアメリカは、南シナ海からのミサイル発射を監視できる台湾のレーダーを重視せざるを得ないかもしれない。

蔡英文総統は10月13日、この巨大レーダーを視察し、その映像を初めて公開。

台湾や中国と隣り合わせの日本にとっても、無関心でいられない情勢になりつつあるとみられる。

(2020/11/01)
#中国 #台湾 #アメリカ
FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

コメント

  1. Y tomo より:

    ウェイボーに映像アップした人大丈夫か?
    何気なく撮っただけかもしれないけど

  2. ThePepomi ss より:

    ソ連を崩壊させたレーガン、トランプは・・・

  3. 小雨 より:

    日本も遅れてはいけない!

  4. スコッティ より:

    日本の軍事研究が進まないには学術研究のせいでしょ?

  5. かうんちゃこ より:

    日本も原潜作ろうよ…
    早く核武装して対抗しないと先人達が築いてきた物が失われてしまう。。高校三年生の俺でもわかるのにどうして大人は理解しないのか

  6. 455 717 より:

    草ぁ、進化してるね
    まさかだけど技術提供したのは学術会議かな
    なんちゃって

  7. 我慢砲 より:

    下が平らだと、レーザーが反射し難いのはわかる。逆に西側のスタンダードにならないのが不思議。

  8. チャーチルウィンストン より:

    極音速ミサイルはガチでやばい。

  9. kan kan より:

    2:50

    何言ってんだこのこのメディア
    かも知れねーじゃねえよw

  10. 03 03 より:

    極音速ミサイル競争は、凄いな
    ミサイルは、ロシアが最先端だけど
    核廃棄の流れは、いいとして
    ミサイルをより高速化も厄介だな
    中国のミサイル開発にロシアの技術者も介入してそう
    絶対中国だけで極音速ミサイル作れない

  11. ただの一般人 より:

    中国製だからってバカにできないな…
    早く中国をぶっ潰さないとまずい

  12. Kairai Nishrovsky より:

    はよ憲法改正しれくれ。日本に帰ったら”日本人民共和国にようこそアル!”とか見たくねぇ

  13. 1epton より:

    まあ早期警戒の一要素ではあるかもしれないけど、とっくの昔からDSP衛星で見てるでしょ。

  14. タチャンカJ より:

    台湾はアメリカの盾になってて草

  15. ada har より:

    日本は後悔する。
    それは遅かれ早かれ必ずくる。
    そしてその責任は我々日本国民である。

  16. しずかあべ より:

    ニュースで国民の不安を煽ってまたアメリカからグレードダウンした最新兵器買おうとしてない?

  17. kazu 0809 sabu より:

    タイトルの日曜安全保障ってなに?日米安全保障じゃないの???

  18. 無呼吸系YouTuberスペック より:

    空中発射弾道ミサイルとかいうパワーワード

  19. 遅ジジ より:

    沖縄も射程圏内ってことか
    憲法改正に反対してる人は爆撃された後でも反対し続けるのかな

  20. 田中くん。 より:

    台湾が中国に堕ちれば
    アメリカにとっても日本にとっても
    対岸の火事では済まない話
    だからここまで言うんよね

タイトルとURLをコピーしました