血栓懸念 使用中断拡大 アストラゼネカ社製のワクチン

血栓懸念 使用中断拡大 アストラゼネカ社製のワクチン

アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた人に血栓の症状が報告されていることを受け、ヨーロッパ各国で使用を中断する動きがさらに広がっている。

ドイツの保健省は15日、アストラゼネカ製ワクチンの接種を受けた人に血栓の症状が報告されていることを受け、使用を一時中止すると発表した。

また、フランスのマクロン大統領も、医薬品を規制するヨーロッパ医薬品庁が新たな見解を出すとみられる16日午後までは、少なくとも接種を中断すると発表したほか、イタリア、スペインでも使用を見合わせるという。

一方でヨーロッパ医薬品庁は、「現時点では効果がリスクを上回っている」とあらためて発表し、WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は「症状とワクチンが必ずしも関連付けられているわけではない」と述べている。
#新型コロナウイルス#ワクチン
チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

コメント

  1. 本物の葱 より:

    最初からわかってた事だろ

  2. Gillian より:

    テドロス書記さんがそう言うなら信用出来なくなるよ

  3. さとるさとる より:

    コロナワクチン危ないよ!!

  4. _ Shironana より:

    人体実験やめて下さい

  5. dontics perio より:

    アストラゼネカを悪く言っておいて、ファイザーは安全と思わせる作戦だったりして。

  6. Google me より:

    WHO ❌
    CHO ⭕️

  7. 古澤功 より:

    ・・・まあ、普通なら抗体を鶏卵等で作って体内に入れる・・・今度はウィルス遺伝子を入れて体内で作れ・・・まあ、抗体を作るもカインストームが起きるも貴方の免疫細胞の強弱次第、ですからねえ・・・

  8. 上落合の御狸様 より:

    千葉県知事を務め堅実に精励し、実に3期にわたってみごとに場数をふんできた実績はなんぴとたりとも否めない森田健作氏は、間違いなく有能で稀代の名政治家。
    令和になり最初の総選挙となる第49回衆議院議員総選挙には堂々と自民党公認で立候補しまた衆議院議員となって国土交通委員会に属し更に第24代国土交通大臣への就任を熱く念願する。
    森田氏にとってかけがえのない故郷である東京都大田区久が原は大本山池上本門寺のお膝元であり、本門寺の支院や末寺が甍を競う妙宗門下一と言っていい浄域の一角。
    森田氏は不退転の決意で都営浅草線を西馬込から一駅だけ高架で延伸して池上橋駅を開設にむかわせなければならない。
    高祖大聖人さまが御入滅あそばされた三千世界随一の大霊場として、本山であり大坊の格式に輝く本行寺の参詣者が、久崎橋を往来し呑川を越えて利用するための駅となる。
    今日、マクドナルド1号線池上店が建つ場所と、日産プリンス東京販売株式会社池上店が建つ場所、そして、池上3丁目1番地を都有地にする。
    呑川の上を渡る辺りに線路の車止めが置かれるような形で終着駅の池上橋駅を作り、池上3丁目1番地にバスターミナルやタクシーターミナルを計画し、
    池上橋駅の改札口や切符売り場、階段やエスカレーターやエレベーター、交番、お手洗いなどの理想的な配置を考える。
    大田区久が原5丁目14番地にあるジョナサン久が原店のあたくださいりも都有地とし、第二京浜を池上橋駅前に接する歩道橋が跨いで階段とエスカレーターやエレベーターで行き来できるようにしてバス停やタクシー乗り場などを整備。
    森田氏が都営浅草線池上橋駅の実現に向けて郷土の歴史と自然との調和に全力をあげるモチベーションを強く持てたなら、大坊本行寺の鎮守を務められる妙法両大善神は森田氏の左右に常におわしまして昼夜に衛護したもう。
    疫病が全ての官民を悉くおびやかす時代であればこそ飲食店業者や自動車販売業者も助かる方向で用地買収は速やかに進む。しかし松井病院は無くせない。
    1月13日は「初大坊」と呼び12月13日は「納めの大坊」と称して毎月13日を本行寺のご縁日ときめ、
    池上橋駅前から本行寺境内まで露天商の屋台を並べて景気を添えるように。
    池上橋駅の待ち合わせスポットに、20代前半の若い頃の森田氏をモデルに、等身大の剣道着姿の小林弘二像を立ててもかまわない気がする。
    こうなると池上橋駅のご当地発車メロディーは「さらば涙と言おう」の一節を用いるしかない。
    サンミュージックの岡博之取締役(「ブッチャーブラザーズ」のリッキー師匠)なら池上橋駅の駅弁を商品開発する筈。
    例えばシンプルな肉野菜炒め弁当で品名は『おにくやさん兄弟炒』。

  9. Takahiro T. より:

    慎重に対応している様に思える一方で、
    アストラゼネカが英国企業という事を考えると
    利益誘導の思惑が背景にあるのでは?と勘ぐってしまう

タイトルとURLをコピーしました