原発事故 新たな疑問とは 2号機最上部を“初調査”

原発事故 新たな疑問とは 2号機最上部を“初調査”

暗闇の中を、ヘッドライトを頼りに進む防護服の人たち。
ここは、福島第1原発2号機の内部。

立ち入ったのは、更田(ふけた)委員長をはじめとする、原子力規制委員会のメンバーら。

この場所は、原子炉建屋の最上階にあたる5階部分。

放射線を検知する機械の甲高いアラームが鳴り続ける。

さらに…。

大量の放射性物質を放出した2号機の4階と5階に人が入って調査を行うのは、今回が初めて。

放射線量を調べてみると、(空間放射線量が)4.5ミリ、4.8ミリシーベルト(mSv)/h。

非常に高い状況で、調査はおよそ20分で打ち切られた。

その後、行われた記者会見。

今回の調査で、新たな疑問が見つかったという。

原子力規制委員会・更田豊志委員長「(2号機は)汚染したチリが漂っている状態ですけど、事故からの時間を考えると、不思議に思うところもある。いまだに汚れたチリがどこからか発生していないと、雰囲気がずっと汚れ続けていることは考えにくい」

事故発生から9年半余り。
まだ、原発内部で新たなちりが生まれているのか。

今後、採取した放射性物質の分析が行われ、年内にも調査結果がまとめられることになっている。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

コメント

  1. 本物の葱 より:

    こいつら汚染されたな

  2. Riku A. より:

    こわい

  3. KJ より:

    空間放射線量が高いとはいえ人が20分入れるならロボットいけないのかな?とりあえずカメラ付きのロボで探索して、怪しい所の目星をつけるとか。

  4. りょうがRyoga より:

    老けた委員長かと思ったビビった

  5. ふあゆー より:

    東電ギルディ 役員懲役除染作業十万年

  6. 善弥 より:

    危険な仕事
    ありがとう

  7. co co より:

    来年で十年か…いずれは歴史の事象と化
    してしまうのかな

  8. めんたいこたろう より:

    冷却プールはどうなっているんだ?

  9. hiro minakami より:

    ロボット調査じゃダメな理由って何って感じなんですが…
    有線でアンテナ敷設してロボット無線化すればいいんじゃ

    汚染がひどいところだけに絞れば有線でいいんじゃないかと…

  10. derew43 より:

    最後の女
    自分が滅茶苦茶かわいいと思ってそう

  11. とあるラブコメ好きなオタクA. より:

    ウランなどの放射線物質を核反応や化学反応で安全な物質に出来たらノーベル賞もんだよね…
    まぁ、そう簡単にいかないと思うけど。

  12. you より:

    象の足でも探しに行ってんのか?

  13. 吉田ケアルガ直樹 より:

    2号内部ならもっとえぐい放射線量と思ってた

  14. こくてん より:

    原子力専門家の菅直人はどうした?
    彼奴を中に入れて調査させろよ。

  15. みっちゃん より:

    9年半経った床があんな綺麗な訳は無い。報道カメラが入る前に清掃された方々も想像を絶する高線量下の中で御苦労様でした。

  16. 麦ライ より:

    生涯で100mSv以上の被爆で癌のリスクが上昇する。専門職でも年50mSv未満かつ5年で100mSv未満と法律で制限されている。つまり5年間で21時間、毎日入ると仮定すると一日41秒までしか人間が入ることが許されていない汚染度。

タイトルとURLをコピーしました