台風14号 山沿いで大雨 今後は? 三井気象予報士が解説

台風14号 山沿いで大雨 今後は? 三井気象予報士が解説

強い台風14号は9日午前11時半現在、四国沖を北上中。
上陸の可能性は低くなったものの、台風から離れていても大雨のおそれがあるとして、気象庁は警戒を呼びかけている。

今回の台風14号の警戒ポイントを三井良浩気象予報士に聞く。

台風が列島から離れて通ったとしても、大雨には引き続き警戒が必要となる。

すでに、伊豆諸島の八丈島では、2日間の雨量が450mmを超えている。

今後、特に大雨に警戒が必要なのが、紀伊半島から関東にかけての山の南側の地域。

台風周辺の湿った空気が、次々と山にぶつかり、雨雲を発生させる。
そして、この雨雲がかかり続けることで、山の南側では大雨が続くおそれがある。

最も大雨になるとみられているのが東海地方で、10日正午までに多いところで、400mmの大雨が予想されている。

1日で400mmというのは、いつ土砂災害が起きてもおかしくないほどの雨量。

(一番警戒が必要になる時間帯は?)

これから10日から11日にかけて、東海、近畿では大雨に警戒、さらに伊豆諸島では、暴風にも警戒が必要となる。

(2020/10/09)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

コメント

  1. 上落合の御狸様 より:

    元そのまんま東こと東国原英夫氏が宮崎県で知事となった時は驚かされたが、今やマック赤坂氏も港区区議である日本。
    江頭2:50氏も夢幻の泡沫候補とも言えない。
    祖父は江頭政六元佐賀県千代田町長であり隔世遺伝の血に火がついたのだろうか。
    なぜ江頭2:50氏が長年所属してきた大川興業を辞めてまで千葉県知事選への出馬を決意したのか・・・
    千葉県船橋市は「取って入れて出す」が生まれた旭硝子の工場があった。
    その工場で働き芸人としての魂も育て上げた江頭氏は千葉県を佐賀県に次ぐ第二の故郷とし強い思い入れがあるからだ。
    大川総裁は千葉県知事選への出馬に難色を示したが江頭氏の出馬の意志は固く、江頭氏は大川興業を勇退することになった。
    ただ有名人というだけではなく、夢多き若い日々を県内の工場で一人の勤勉な労働者として過ごした江頭氏は侮り難い有力な候補である。
    強敵は鈴木大地前スポーツ庁長官。
    裸の胸板をさらして闘ってきた男同士の決戦の日は近い!

  2. Kotaro Kato より:

    三井財閥の親族なのかなぁ。それなら上級国民だよなぁ

タイトルとURLをコピーしました