[新型コロナ]“大阪ワクチン”治験最終段階へ 2021年中の実用化目指す

[新型コロナ]“大阪ワクチン”治験最終段階へ 2021年中の実用化目指す

大阪大学と共同で新型コロナウイルスのワクチンを開発している「アンジェス」は、治験の最終段階を開始すると発表した。

製薬ベンチャーの「アンジェス」は、大阪大学と開発している新型コロナウイルスの「DNAワクチン」について、2020年6月に治験を始めた。

アンジェスによると、これまで60症例で治験を終え、安全性に問題はなく、治験の最終段階を開始するという。

最終段階では症例数を500に増やし、接種の間隔が異なる2つのグループに分けて安全性や有効性を調べ、2021年3月には接種が完了するという。

大阪府・吉村洋文知事「大阪産ワクチンは安全性を重視しています。日本人にあったようなワクチンを目指していきたい。これができればゲームチェンジャーになると思っている」

今後、海外を含む感染が拡大している地域で、対象を数万人に増やして調べ、2021年中の実用化を目指す方針。

(2020/11/20)

#新型コロナウイルス

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

コメント

  1. 本物の葱 より:

    大阪wワクチンw

  2. 田中たみ子 より:

    手遅れやん。

  3. スイートポテト より:

    ここに来てワクチン製造が加速してきたなぁ。
    他社よりも早くって気持ちもあるだろうけど、焦らず慎重に安全なワクチンを作ることを第一に頑張って頂きたいです。

  4. オムカレー より:

    日本製のワクチンとか信用されないから作るだけ無駄

  5. jorge luis Copete より:

    日本人でもアメリカ人でもロシア人でも中国人でもイギリス人でもない私は、何も接種しないほうが安全という意味なのか…

タイトルとURLをコピーしました