”約7カ月遅れで「立皇嗣の礼」”…「報道カメラマンが残すコロナ禍の記録映像 東京の“今”2020」11月8日~11月14日

”約7カ月遅れで「立皇嗣の礼」”…「報道カメラマンが残すコロナ禍の記録映像 東京の“今”2020」11月8日~11月14日

コロナウイルスの蔓延は日本の社会に大きく影響を与えている。
東京も、そこで暮らす人々の生活も、変化を余儀なくさせられている。
私たち報道カメラマンが撮影した映像から、“今”を象徴するカットを繋いで1週間を再編集した。
コロナウイルスと戦いながら、社会がどう変わって行くのか、カメラマンとして追い、記録し続けたい。

東京都では1日当たりの新規感染者数が、8月以来の300人超えとなった。本格的な冬を前に、今まで以上に警戒を強めていかなければならない。

●撮影期間:2020年11月8日~11月14日

●映像内容
11/8 立皇嗣の礼
11/10 日経平均株価が29年ぶりに2万5千円台
11/11 新型コロナウイルス感染症対策本部
11/12 東京都モニタリング会議

撮影:フジテレビ ニュース総局 報道局取材撮影部
編集:市川敏史

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

コメント

タイトルとURLをコピーしました