パン早朝配達 メリットたくさん “おいしく食べる”グッズも人気

パン早朝配達 メリットたくさん “おいしく食べる”グッズも人気

1都3県で2週間の延長となった緊急事態宣言。

「おうち需要」がさらに高まるとみられる中、朝の食卓を豊かにする新たなサービスに関心が集まっている。

素早く型から取り出された焼きたての食パン。

ふんわり、もちもちでおいしそうな焼きたてのパンが、朝早く家庭に届く便利なサービスが始まっている。

まだ夜が明けぬ午前2時すぎ、焼き上がった食パンを1つ1つ包装。
配達する家庭ごとに専用の紙袋に入れていく。

それらを車に積み込んで向かった先は、新聞配達店だった。

実は、配達されるパンの一部を、ルートに応じて新聞配達店に委託している。

配達は利用者のお宅に順番に届けるルート方式。

注文ごとに配達する方式より、効率的かつ送料が安く済むという。

一方、新聞配達店に委託しないお宅には、スタッフが午前7時までに配達する。

パンは、玄関のドアノブなどにお届け。

そうすることで、利用者は配送スタッフと接触せずにパンを受け取ることができる。

パンタク代表・原佑理子さん「(起業のきっかけは?)わたし自身が共働きの子育て世代で、朝はどうしてもバタバタ、イライラしがちで、何か朝からふっくら家族の時間を楽しめるような、そういうサービスができないかと」

このサービスは、東京・目黒区、世田谷区、渋谷区の一部エリアで先行スタート。

複数の店舗から、およそ20種類のパンを選んで配達してもらえるほか、朝食にあるとうれしいフルーツや牛乳などの配達も頼むことができる。

利用者「(店に)自分が行かなくても届けてくれるのはすごくありがたい」

こうしたパンの配達サービスは、店舗側にも売り上げの確保というメリットがあった。

高級食パン専門店 瀬都 東京目黒店店長・笠原脩平さん「店舗に関してはコロナ禍で厳しい状況にあるんですけれども、できるだけおいしい状態で召し上がっていただきたいわれわれとしては、大変にありがたいサービス」

一方、パンをおうちでおいしく食べるためのアイデアグッズも、今、人気に。

東急ハンズ新宿店 キッチン用品担当・奥田るんさん「こちらの商品なんですが、これを水につけることで、蒸気を発生させて、そのスチーム効果でこんがり、ふわふわに焼けるという商品になっております」

さらに、冷蔵庫に入れて固まったバターをスーッと削るバターナイフや、パンの品質を長持ちさせる保存袋も人気という。

ステイホームを快適に過ごす、こうした便利なサービスや商品が消費者に求められているとみられる。

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

コメント

  1. ねこが転んだ より:

    炭水化物だ〜!

  2. なるなる より:

    朝からパンとコーヒー、ハムエッグを新聞見ながらゆったりと食事……とかしてみたいな。うち朝からカップ麺だもんな……。

  3. 2つ目のアカウント より:

    小麦粉を食べると、腹を壊すと思います。または、私が食べる多くの食べ物には毒が入っていますか?

  4. Hi Jln より:

    食べてぇ。健康のためにパンは卒業しました。

タイトルとURLをコピーしました