政府のコロナ対策CM舞台裏 若い世代に思い届け

政府のコロナ対策CM舞台裏 若い世代に思い届け

新型コロナウイルス感染のリバウンド回避の鍵の1つが、若い世代の行動。

5日の会見で、菅首相が言及した、若い世代にも届ける広報。

9日から、ある政府のメッセージが流される予定になっているが、その制作現場にFNNのカメラが入った。

2月21日に行われていたのは、政府が若者にコロナ対策を呼びかけるためのCM撮影。

監督も役者も、そして企画したのも、みんな20代。

普段は内閣官房でコロナ対応にあたり、今回の企画を立案した鬼頭真沙美さん(26)は、「若者のコロナ対策について、前向きに取り組んでもらいたくて。省庁内の若者からやっていこうと」と話した。

今回、政府が若者に特化したCMを作ったのには、わけがあった。

政府が緊急事態宣言を再び出した契機となったのが、年末年始のクリスマスや忘年会などでの若者の感染拡大。

「政府の呼びかけが、若者に響いていない」。
こうした問題意識は、若手職員も同じように感じていた。

内閣官房・広報担当の太田瑛介さん(24)「従来の政府広報のやり方では、テレビや新聞がメインの媒体で、若者が興味を持つようなリーチの仕方(届け方)が難しかった。そこで、目を引ける広報をしないといけないというのがあった」

また、5日の記者会見で、菅首相も若者世代への広報について言及した。

菅首相「今後、テレビコマーシャルのほかに、SNSや動画も活用し、若い世代にも届くよう、広報に力を入れていきます」

そこで今回、若者の目に触れやすいLINEやインスタグラムなどのSNSや、渋谷などの街頭ビジョンで流すCMを作ることに決めた。

最もこだわったのは、せりふ。

夢の実現や恋人や友人との時間といった、若者ならではの欲求を満たすために、最大限に自分なりの予防行動を取ってほしいというメッセージになるよう、工夫したという。

出演した、インスタグラムで25万人を超えるフォロワーを持つ、若手人気モデルの紺野彩夏さん(21)。

「non-no」モデル・紺野彩夏さん「自分はどういうもののために対策を頑張るのかを、もう1回思い直すきっかけになったらいいなと」

内閣官房・コロナ担当の鬼頭真沙美さん「協力してくださっている方々のほとんどが、“もうしんどい”と思いながら日々生活している状況。この先も、もう少し対策が必要なので、(対策をしようと)前向きに考えてほしいなと」

9日から、インターネット広告や東京、渋谷や新宿などの大型ビジョンで公開予定。

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

コメント

  1. King channel より:

    無駄金

  2. 只松旭 より:

    オリンピックは やりませんってCM作れよ

  3. 野比のび太 より:

    そんな事よりまともな政策せえよ

  4. Ako Maxa より:

    遅れてんなぁ…

  5. ガッツ より:

    国民にはお金を配らないがお友達電通には金を湯水の如く使う

  6. ねこが転んだ より:

    広報で、若者の動物的な行動が止まれば そりゃ良いけど
    自分勝手は、持って生まれた生活空間から生まれてませんか?
    それにですよ、GOTOやっといて、これはありえないわ!
    国の対策のアンバランスなんとかしなさいよ

  7. No Man より:

    東京の外食店の新作料理の紹介→自粛しましょうのCM→東京の新しい土産物の紹介

  8. 鬼滅好き中学生 より:

    ぶすしかいねえw

  9. qqwwee224 より:

    若者ならYouTuber起用した方が安上がりで効果あるような気がします

  10. いきなりステーキ より:

    これおうむ真理党だろ

タイトルとURLをコピーしました