マスク姿で“ウサギ”登場 米・ホワイトハウスに珍客

マスク姿で“ウサギ”登場 米・ホワイトハウスに珍客

アメリカのバイデン大統領、ジル夫人とともに、ホワイトハウスのバルコニーに登場したのは、着ぐるみのウサギ。

キリスト教の復活祭「イースター」に合わせたイベントのマスコットで、2021年は、しっかりマスクをつけて、感染予防をアピールした。

ホワイトハウスのサキ報道官「スペシャルゲストです!」

ウサギは、ホワイトハウスの記者会見場にも登場し、壇上に上がると、記者たちの求めに応じてポーズを決めるサービスぶりだった。

一方、例年、多くの子どもたちを招待して行う恒例の卵転がし競争は中止され、バイデン大統領は、「来年は、普段通り祝えることを楽しみにしている」と述べた。

#バイデン大統領

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

コメント

  1. 本物の葱 より:

    はい動物虐待

  2. h c より:

    南米ギャングが中に

  3. 栗田和典 より:

    きちがい

  4. mm jj より:

    ホワイトハウスは今封鎖されているけど。これは何処のスタジオ?

タイトルとURLをコピーしました