石破氏、派閥会長の辞意固める 総裁選敗北の責任

石破氏、派閥会長の辞意固める 総裁選敗北の責任

自民党の石破元幹事長は、自身が率いる派閥の会長を辞任する意向を固めた。

石破氏は、自身が率いる派閥の会長を辞任する意向を固め、22日午後、臨時の派閥の会合を開き、所属議員らに伝達する方向。

石破氏は、9月に行われた自民党の総裁選挙で、菅首相に敗れ、岸田前政調会長にも後れを取り、最下位の3位に終わった。

総裁選敗北について、石破氏は、派閥の会合などで「すべてわたしの責任だ」などと繰り返し発言していて、会長辞任は、総裁選敗北の責任を取るためとみられる。

関係者によると、石破氏が会長辞任後も、派閥は存続するという。

(2020/10/22)
#石破元幹事長

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

コメント

  1. えおあいう より:

    そっかぁ

  2. カイグリーン より:

    石破さんは優秀なので自民党に居てはいけない人物。
    野党と連携して自民党をぶっ壊してほしい‼︎

  3. Carnerian Simon より:

    立憲に移って活躍してほしいです

タイトルとURLをコピーしました