【解説】コロナ感染拡大で夫婦関係も変化(2020年11月16日放送「news every.」より)

【解説】コロナ感染拡大で夫婦関係も変化(2020年11月16日放送「news every.」より)

各地で感染拡大が止まりません。そんな中、コロナの影響で夫婦関係にも変化があったといいます。ある調査では19.6%が「夫婦仲よくなった」と回答。一方、別の調査では夫婦間の「意識のギャップ」が浮き彫りに。
(2020年11月16日放送「news every.」より)
#日テレ #newsevery #最新ニュース #新型コロナウイルス #COVID19

◇日本テレビ報道局のSNS
Facebook https://www.facebook.com/ntvnews24/
Instagram https://www.instagram.com/nippontv.news24/
TikTok https://www.tiktok.com/@ntv.news
Twitter https://twitter.com/news24ntv

◇【最新ニュースLIVE配信中】日テレNEWS 24 HP
http://www.news24.jp/index.html

コメント

  1. miky a より:

    毎年のインフルエンザより感染者は1%、死者は19%、恐怖感煽りとコロナ失業で自殺者急増!詳しくは11/13YouTube「虎ノ門ニュース」、

  2. 上落合の御狸様 より:

    東京都墨田区吾妻橋1丁目22番14号に建つ如意輪寺は、通称の牛島太子堂の別当にあたります。
    嘉祥2年(849)、比叡山第4祖慈覚大師(794~864)が入唐求法から帰って、故郷の下野国大慈寺への道すがら、聖徳太子御親刻の太子像を安置したことにはじまります。
    今日、アサヒスーパードライホールが建つ場所は、実は如意輪寺の奥之院(おくのいん)が建立されるために結界されなければならない聖地なのです。
    古式ゆかしい形のチタン製段付本瓦葺きの権現造(妻沼聖天様式)の外観と内装を持つ鉄筋コンクリート建築で元三大師堂が発願され勧進されなければなりません。
    この元三大師堂では護摩が厳修され、巨大な汚穢による不浄が祓い清められなければなりません。
    “南無元三大師無動金剛”の御宝号が謹書された数えきれない紅蓮の奉納旗がはためく景色が修法の功徳を強めます。
    禅林の静寂を偲ばせる常磐木の杜で包み境内を緑豊かに荘厳し俗界の喧騒と距離をはかります。
    「吾妻橋大師」の名で風情ある霊場を目指し普請が進められれば、たちの悪い疫病は速やかに収束され、五輪は無事に開催され平和のうちに盛り上がるのです。

タイトルとURLをコピーしました