野口聡一さん搭乗の新型宇宙船、打ち上げへ【Nスタ】

野口聡一さん搭乗の新型宇宙船、打ち上げへ【Nスタ】

日本人宇宙飛行士・野口聡一さんらを乗せる民間初の宇宙船「クルードラゴン」の打ち上げまで15時間あまりに迫りました。アメリカ南部・フロリダ州は、9年ぶりの有人宇宙船の打ち上げに沸いています。

 「宇宙船を打ち上げるブースターを着陸させる台座となる船の移動が、気象条件を理由に完了できなかったとして、打ち上げが一日、延期されました」(記者)

 NASA=アメリカ航空宇宙局は、日本時間15日に予定していた「クルードラゴン」の打ち上げ延期を急きょ、前日に発表しました。しかし、その時を待つフロリダ州では期待が高まっています。

 「今も稼働するんですよ」(マーク・マルケットさん)

 ケネディ宇宙センター近くの、スペースミュージアムで働くマルケットさんは、スペースシャトルの引退以降、宇宙産業で成り立ってきた街の衰退を憂えています。

 「この地域は観光業だけではなく、宇宙ビジネスの衰退でとても落ち込んできました」(マーク・マルケットさん)

 アメリカの有人宇宙船の復活は9年ぶり、街の再興のためにも、民間企業「スペースX社」が開発した宇宙船「クルードラゴン」での野口さんらの打ち上げに期待を寄せています。

 「再びアメリカの有人宇宙飛行が戻ってくることはすばらしいことです。誰もが応援したくなるすばらしいクルーです。私たちは皆楽しみにしています」(マーク・マルケットさん)

 マルケットさんが「素晴らしい」と話すクルー、野口さんを含む4人の宇宙飛行士は男性と女性、白人・黒人・アジア人と多様性に富んだ構成です。そのうち黒人男性、グローバー飛行士の親族に話を聞くことが出来ました。

 「とても興奮して立っていられないくらいよ。おいっ子の打ち上げを待ちきれない。多様性はよりすばらしい結果をもたらすでしょう。女性・男性、そして異なる人種です」(グローバー宇宙飛行士の叔母 ミア・バイスさん)

 野口聡一さん自身も「違いを理解することがクルーの結束の原動力になっている」と話しています。
 「多様性こそが強じん性につながると。困難な状況を打ち勝つキーになるんじゃないか」(野口聡一さん)

 民間人の宇宙飛行などへの扉を開く民間初の宇宙船の打ち上げは、日本時間16日の午前9時27分に予定されています。

(Nスタ 2020年11月15日放送)

#野口聡一 #宇宙船 #クルードラゴン

▼TBS NEWS 公式サイト
https://news.tbs.co.jp/index.html

▼TBS NEWS 公式SNS  
 ◇Twitter   
  https://twitter.com/tbs_news?s=20 

 ◇Facebook   
  https://www.facebook.com/tbsnews

 ◇note   
  https://note.com/tbsnews

 ◇TikTok
  https://www.tiktok.com/@tbsnews?lang=ja

 ◇instagram   
  https://www.instagram.com/tbsnews_insta/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼TBSスクープ投稿
特ダネ動画を募集しています!
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/toukou/

コメント

  1. ㅤㅤㅤㅤ より:

    1

  2. 六四 天安門 より:

    スペースシャトルが高コストだったということは、それだけ雇用もあったのだろうな。

タイトルとURLをコピーしました