【キャリアと子育て】卵子凍結を知ることは「自分の人生を考える」ということだった|皆川玲奈|vlog

【キャリアと子育て】卵子凍結を知ることは「自分の人生を考える」ということだった|皆川玲奈|vlog

「いまはパートナーはいない」「仕事を優先したい」
でもいつか、子どもが欲しいと思った時にその選択肢は捨てたくない。

女性の社会進出が進む中、そういった悩みを抱える人は増えているのではないでしょうか。
私も、子どもは欲しいけれど、まだ将来について具体的なビジョンは描けておらず、悩むことが多くあります。

そんな時、卵子凍結について取り上げているニュースを目にして興味を持ちました。
その動画がこちらです。
https://youtu.be/doCqT3AXnqo

果たして、自分のキャリアと子育てを考える上で、
卵子凍結という選択肢はありうるのだろうか。
自分の体や産まれてくる子どもへの負担はどうなのか。
様々な疑問が湧き起こり、お話を伺ってきました。

卵子凍結のほかにも、精子凍結など不妊治療にはいろいろなものがありますよね。
まずは知ること。それが自分の人生を考える上で大切なことだと改めて感じました。
女性に限らず男性にも、ぜひ動画を見ていただければ幸いです。

皆川

#tbs #卵子凍結 #子育て #キャリア

▼TBS NEWS 公式サイト
https://news.tbs.co.jp/index.html

▼TBS NEWS 公式SNS  
 ◇Twitter   
  https://twitter.com/tbs_news?s=20 

 ◇Facebook   
  https://www.facebook.com/tbsnews

 ◇note   
  https://note.com/tbsnews

 ◇TikTok
  https://www.tiktok.com/@tbsnews?lang=ja

 ◇instagram   
  https://www.instagram.com/tbsnews_insta/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼TBSスクープ投稿
特ダネ動画を募集しています!
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/toukou/

コメント

  1. ke Ni より:

    今どうしても産めないってのがまずおかしい。

    卵子凍結で妊娠できるようになったら、余計に自由に妊娠できない世の中になるのでは???

  2. may day より:

    本気で少子化対策するなら、男女関係なくなるべく少ない経済的負担で、かつ年齢制限を儲けて、卵子及び精子を凍結出来るようにすべきです!。

  3. sky blue より:

    いつも思うけど、別の受精卵とかを移植されたらどうなるのだろう。
    自分でやるわけじゃないから間違いも起きるよね

  4. あいうえおかきくけこ より:

    キャメロン・ディアスは代理母出産したみたい  出産も体力いるし、その後の子育てもな体力

タイトルとURLをコピーしました