世界初、失明のおそれある患者にiPS細胞使い網膜移植手術

世界初、失明のおそれある患者にiPS細胞使い網膜移植手術

失明のおそれがある目の難病の患者にiPS細胞から作った網膜の細胞を移植する世界初の手術を、神戸市の病院が実施したことがわかりました。

手術を実施したのは神戸市立神戸アイセンター病院です。手術は、健康な人から作ったiPS細胞を使い、視細胞のもとになる細胞に変化させ、直径1ミリ、厚さ0.2ミリのシートを作製します。そのシートを「網膜色素変性症」の患者の網膜に移植するというものです。視細胞のもとになる細胞の移植は世界で初めてです。

「網膜色素変性症」は、視野が次第に狭まり失明することもある病気で、国内に3万人前後の患者がいるとされています。いまのところ根本的な治療法はないため、今回の手術で安全性が確認できれば、将来の治療法確立に向けた第一歩となります。

(JNNニュース 2020年10月16日)

▼TBS NEWS 公式サイト
https://news.tbs.co.jp/index.html

▼TBS NEWS 公式SNS  
 ◇Twitter   
  https://twitter.com/tbs_news?s=20 

 ◇Facebook   
  https://www.facebook.com/tbsnews

 ◇note   
  https://note.com/tbsnews

 ◇TikTok
  https://www.tiktok.com/@tbsnews?lang=ja

 ◇instagram   
  https://www.instagram.com/tbsnews_insta/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼TBSスクープ投稿
特ダネ動画を募集しています!
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/toukou/

コメント

  1. ラム【登録してもいいわよ】 より:

    すごい!

  2. キーボードペッパー より:

    すごい。これで視力向上できないかな?

タイトルとURLをコピーしました