2020/10/27OA パンの耳からビール!? 驚きの食品ロス対策【2分で見るガイアの夜明け】

2020/10/27OA パンの耳からビール!? 驚きの食品ロス対策【2分で見るガイアの夜明け】

この番組の本編はテレビ東京ビジネスオンデマンドでご覧いただけます。(入会月無料)
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/gaia/vod/post_213009/?utm_source=youtube&utm_medium=meta&utm_campaign=2mingaia_201027

“食品ロス大国”ニッポン。国内で「まだ食べられるのに廃棄される」食品の量は、年間600万トン以上。今、コロナ禍の影響もあり多くの“売れ残り”が発生、改めてその対策の必要性が高まっている。

■「食のアップサイクル」パンの耳が大変身?
余ったパンを「別のものに生まれ変わらせる」挑戦が始まっている。パンからビールを作るというものだ。

使うパンは、六本木の人気ベーカリーカフェ「ブリコラージュ」のもの。オープンサンドを作る際に切り取る「端」の部分だ。カフェのオーナーである生江さんは、ミシュラン2つ星のフレンチ「レフェルベソンス」のエグゼクティブ・シェフで、世界が認める料理人。以前から、そのパンの切れ端を美味しく生かす方法はないか、と考えていた。

そこでタッグを組んだのが、長野県・野沢温泉にあるビール醸造所「AJBブルワリー」だ。「AJBブルワリー」は、イギリス出身のトーマスさんと絵美子さんが手がける本格的なクラフトビールが人気の醸造所。通常、ビールは「麦芽」と「ホップ」に酵母と水を加えて作る。

しかし、「ブレッド・ビール」は、そこにローストしたパンを加える。もちろん、“余りもの”を使うからといって、味に妥協はしない。生江シェフとリブシー夫妻のこだわりは、「美味しいものから、さらに美味しいものを生み出す」。今回は新たな味のビール作りに挑戦。成功すれば、より多くの“余ったパン”を美味しく生かすことができるが、果たして?

この番組の本編はテレビ東京ビジネスオンデマンドでご覧いただけます。(入会月無料)
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/gaia/vod/post_213009/?utm_source=youtube&utm_medium=meta&utm_campaign=2mingaia_201027

#食品ロス#ブリコラージュ#レフェルベソンス#AJBブルワリー

コメント

  1. マジックリンT より:

    ヤマザキパンbeerとか出来ちゃうかもね

  2. 小鳥遊裕也 より:

    お腹が空きました。

  3. ゆうと より:

    やりますね

  4. 中学生のカンミンホー より:

    すごいなあ

  5. Apatite より:

    パンがなければどうするの?

タイトルとURLをコピーしました