ボージョレ解禁 輸入減少もネット上で販売好調(2020年11月19日)

ボージョレ解禁 輸入減少もネット上で販売好調(2020年11月19日)

フランス産ワイン「ボージョレ・ヌーボー」が午前0時に解禁されました。
今年は、新型コロナウイルスの影響でイベントなどは自粛され、一方で、ネット上での販売が好調だということです。
ボージョレ・ヌーボーの販売がきょうから始まった東京・池袋の西武池袋本店では、新型コロナで「巣ごもり需要」が増え、インターネット上での事前予約が去年の1.7倍だということです。
自宅でぜいたくを楽しみたいと平均単価も15%ほど上がっているということです。
店頭では、これに合わせて、ワインに合うおつまみも一緒に販売されています。ワ
インの輸入元によりますと、去年よりも総輸入量は少なく、2013年から減少傾向が続いているということです。

◆「ワールドビジネスサテライト」「ガイアの夜明け」などが見放題!
「テレビ東京ビジネスオンデマンド」はコチラ↓(入会月無料)
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/info/lp/?utm_source=youtube&utm_medium=meta

◆毎日ニュースを更新中!
チャンネル登録:https://www.youtube.com/channel/UCkKVQ_GNjd8FbAuT6xDcWgg/featured?sub_confirmation=1b1

◆公式SNSでも番組を配信中!
公式ツイッター:https://twitter.com/tx_news
WBS:https://twitter.com/wbs_tvtokyo
モーサテ:https://twitter.com/ms_tvtokyo
ガイアの夜明け:https://twitter.com/gaia_no_yoake
カンブリア宮殿:https://twitter.com/cambrian_palace
池上彰の報道特番:https://twitter.com/tx_ikegami
特命!池上ベンチャーズ:https://twitter.com/TVTOKYOventures

コメント

  1. machcheckory より:

    ボジョレーでもイラっとくるのにボージョレだと我慢できない

  2. Akkey より:

    うまいんこれ

  3. 17歳の夏霧〜不登校3年〜通信2年目〜 より:

    1998年:10年に1度の当たり年
    1999年:品質は昨年より良い
    2000年:出来は上々で申し分の無い仕上がり
    2001年:ここ10年で最高
    2002年:色付きが良く、しっかりとしたボディ
    2003年:並外れて素晴らしい年
    2004年:生産者の実力が表れる年
    2005年:59年や64年、76年のように偉大な年の一つ
    2006年:とてもうまくいった年
    2007年:果実味が豊かでエレガント
    2008年:フルーツ、フルーツ、フルーツ
    2009年:数量は少なく、完璧な品質。桁外れに素晴らしい年
    2010年:果実味豊かで、滑らかでバランスの取れた
    2011年:3年連続で、偉大な品質となった
    2012年:心地よく、偉大な繊細さと複雑味のある香りを持ち合わせた
    2013年:繊細でしっかりとした骨格。美しく複雑なアロマ
    2014年:エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい
    2015年:記憶に残る素晴らしい出来栄え
    2016年:エレガントで、魅惑的なワイン
    2017年:豊満で朗らか、絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい
    2018年:2017年、2015年、2009年と並び、珠玉のヴィンテージとして歴史に刻まれるでしょう
    2019年:天候などの条件は厳しかったが、有望で生産者のテクニックが重要な年
    2020年:極めて早い成熟と乾燥した夏による、究極のミレジム(ヴィンテージ)

  4. blue_sky より:

    大半が日本向けに輸出されてる
    正直、あんま美味くないよね
    コンビニでも投げ売りされてるし

タイトルとURLをコピーしました