ワクチン 第2波に間に合わず(2020年11月19日)

ワクチン 第2波に間に合わず(2020年11月19日)

WHO(世界保健機関)で緊急事態対応の責任者を務めるライアン氏は、新型コロナウイルスのワクチン開発に期待を寄せつつも、普及には「4~6ヵ月かかる」との見通しを示しました。
ライアン氏は18日、ソーシャルメディア上での質疑応答に応え、ワクチンの普及は、現在、世界的に広がっている感染第2波への対応には間に合わない見通しだと警告しました。
ワクチン開発をめぐっては、アメリカの製薬大手ファイザーが18日、最終段階の治験で95%の予防効果が確認されたとして、20日にも当局に緊急使用許可を申請する見通しだと明らかにしました。
また、バイオ医薬品企業のモデルナも今週、94.5%の有効性が示されたと発表しています。

コメント

  1. ばぁ〜 より:

    1

  2. オードリー春日 より:

    初動で対策を怠ったWHOさん

  3. 大学生神奈川県 より:

    東京500人超えたってね

  4. イグニッション・コイル より:

    え。他のニュースだと第3波だっていってたよ

  5. K T より:

    whoでクラスター出たけど、大丈夫なん?
    お宅のトップ、検査の必要無かったと言ってるけど。

タイトルとURLをコピーしました