2020/10/6OA 大戸屋「買収劇」の真相【2分で見るガイアの夜明け】

2020/10/6OA 大戸屋「買収劇」の真相【2分で見るガイアの夜明け】

この番組の本編はテレビ東京ビジネスオンデマンドでご覧いただけます。(入会月無料)
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/gaia/vod/post_211248/?utm_source=youtube&utm_medium=meta&utm_campaign=2mingaia_201006

新型コロナをきっかけに、ニッポン企業に「大再編」の波が押し寄せている。とりわけ、人の移動が制限された影響を大きく受けた外食業界。廃業、淘汰の動きが拡大している。

これまでの店舗営業のスタイルからの業態変更など、危機下の中で様々な取り組みが行われてきた。コロナ拡大から半年。ここに来て、資本力や、新たな「戦略」を持つ企業たちが、「買収」に打って出るケースも目立ってきた。

【大戸屋VSコロワイドの真相 独自取材!外食初…「敵対的買収」の裏側】 
居酒屋・焼肉・回転寿司など、様々な外食業態を運営する外食チェーン大手のコロワイド。大株主でもあった、定食チェーン・大戸屋の「改革」に関わる意志を表明。大戸屋は、店内での「手作り定食」にこだわり一定のファンもいた。

だが、コロナ感染拡大前から人件費や材料費など、高コスト構造の改革が進まず、赤字に陥っていた。これに対し、コロワイドは自社の「セントラルキッチン」を活用すれば、コストをかけずに大戸屋の定食は美味しく、リーズナブルに提供できると提案した。

これに従わない大戸屋の経営を刷新することを決断。大戸屋の株主に対し、株式を高く買い入れるTOB(株式公開買い付け)という手法により、買収を仕掛けた。大戸屋は、コロワイド主導の改革を受け入れず徹底抗戦したが…結局、約47%の株式を買い付けたコロワイドの勝利に。当初は、大戸屋に賛同した個人株主も多かったが、なぜコロワイドが勝利したのか?そして、大戸屋の新しい経営陣に、意外な人物が!買収後に、また新たな「ドラマ」が待ち受けていた。

この番組の本編はテレビ東京ビジネスオンデマンドでご覧いただけます。(入会月無料)
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/gaia/vod/post_211248/?utm_source=youtube&utm_medium=meta&utm_campaign=2mingaia_201006

#大戸屋#コロワイド#ガイアの夜明け#TOB#2分で見る#ビジネスオンデマンド

コメント

  1. 中野太郎 より:

    今の大戸屋なんか格好つけすぎてる感じがするなぁ

  2. Joshua Nitta より:

    どうでもいい
    単純に大戸屋へのマイナスイメージだけ

  3. けい太郎 より:

    店内調理にこだわる前に、まずは味を改善しないと客増えないと思う。

  4. mykym より:

    大戸屋もう行かねー

  5. 和りんご より:

    どさくさに紛れて乗っ取り奪われたものを奪い返した感じ

    やるじゃん
    これで立て直す事まで出来たら凄い

  6. ZX11 BLAZE より:

    つい先日行った時に食べた鶏肉の甘酢和え、蒸せるかと思ったのはここだけの話w

  7. キャフタ条約 より:

    これは創業者一族の世間知らずボンボンが担ぎ上げられて株全部あげたけど、結局数年後には用済みになるパターン?

  8. 佐藤孝嗣 より:

    事業で失敗した窪田を先代(親戚関係)が救ってやったのが始まり。
    先代は亡くなる前に息子に跡を継がせたいと言っていたのにも関わらず、窪田がしゃしゃって会社を乗っとった。
    先代一族に奪い返されただけだから窪田はざまぁってとこかな

  9. 上の毛 より:

    セントラルキッチンになる前に食べに行きたい

  10. nk da より:

    大戸屋は美味しいから好き
    是非とも信念を貫いてほしい

  11. potel 33 より:

    手作り+健康+おしゃれ=美味しい が 幻想方程式になってた感がある。

  12. ああ より:

    M&A

  13. ひらの鈴 より:

    もう行かないかも、ガストでいいや

  14. 硝煙の匂い より:

    コロワイドの会長の名前金男って凄いよな性格もかなり性悪らしいし手段を選ばないと思うから長男は伸びだしたらポイ捨てだろうね

  15. vancouverrobson より:

    お父さんはセントラルキッチンなんて望んでたんですかね?

  16. yamadago より:

    大戸屋が本当にすごかったのって大昔の池袋東口1号店の時代(昭和30年代)なんだよね。
    一膳めし屋を地で行く、ご飯だけでも注文OK、味噌汁ぶっかけ飯や海苔の佃煮のボトルキープシステムなど、貧乏学生や肉体労働者を中心に人気を博した時代。
    今の大戸屋(と言うか30年以上前からの大戸屋)はたんなる「かっこつけた定食屋」でしかない。
    本当の大戸屋が何かもわかっていなかったのは他でもない前社長の三森久実だ。
    海外進出したのはいいが、値段設定が高く、しかも定食屋の域を超えた「かっこつけたおしゃれな定食」を提供することにこだわった。

    本来の本当の昭和30年時代の激安を超えた激安時代の大戸屋を復活させたなら、日本をはじめ海外でも商機はあったと思う。(海苔佃煮とたきたてご飯だけOK、味噌汁かけご飯だけOK、卵かけご飯の提供(日本産卵使用)など)

  17. 【非公式】チーズ より:

    みんな何か期待してるようだけど、かっぱ寿司みたいな安っぽい会社にされちゃうのがオチだよ。

  18. k osm より:

    某家具屋さんで、経営者が父親から娘に変わったときを思い出す。その娘さんは古くからのビジネスモデルを変えて会社を傾けたけど、今回も似たような結果になるんじゃないかな。ビジネスのやり方を変えると言っているし、経営権限勝ち取るために無茶したし。(セントラル工場建設や店舗設備入れ替えなどで食いものにされ、味もファミレス寄りになることで客足にひびき、赤字がつづく、なんてことにならないとイイなあ。)

  19. maruro より:

    元々東池袋の定食屋だったのが今や大手定食チェーンですからね。
    株式発行して公開していたら買収とかあって当たり前です。

  20. S より:

    大戸屋オワタ

タイトルとURLをコピーしました