週刊 グラフで見る新型コロナ(2020年11月20日)

週刊 グラフで見る新型コロナ(2020年11月20日)

全国的に感染が再拡大していますが、ここで夏のいわゆる“第2波”がおさまってからの推移を、曜日の影響を受けない1週間毎の感染者数で見てみましょう。
9月からほぼ2ヵ月間、下げ止まりで同じような水準が続いていましたが。
11月に入ってから北海道と3大都市圏で急増し、北海道ではほぼ4倍、東京、大阪、愛知などでも2倍以上の感染者数となっています。
続いて、一週間毎の人口10万人当たりの新規感染者数を見てみましょう。
これは医療体制へ影響を見る参考になるもので、政府の分科会は感染状況を判断する指標の一つとして15人を超えるとステージ3、25人を超えると最も深刻なステージ4になりうるとしています。

※「新規感染者」は厚生労働省や各自治体の発表をもとにテレビ東京がまとめたものです。
※「1週間毎の新規感染者」はその日からさかのぼって7日間の陽性確認者を足したものです。
※「1週間毎の新規感染者(人口10万人当たり)」で使用している人口は2019年10月時点です。

#コロナ#新型コロナ#最新情報

コメント

  1. サイコ女子高生 より:

    他の局と違ってテレ東のグラフはまともだな

  2. 韓国は世界の癌 より:

    セウォル号沈没万歳!

タイトルとURLをコピーしました