大手百貨店が福袋 発売時期を分散化し「密」を回避(2021年1月4日)

大手百貨店が福袋 発売時期を分散化し「密」を回避(2021年1月4日)

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、東武百貨店の池袋本店では店頭での混雑を回避するため一部の福袋をきょうから販売しました。
また、巣ごもり需要の取り込みを狙いインターネットでの事前販売を大幅に増やしました。
東武百貨店によりますと福袋のネットでの売り上げは1年前に比べ、6倍に増加。
一方、池袋本店の2日の初売りに並んだ人は1年前のおよそ15%にとどまったということです。

コメント

  1. とと より:

    在庫処分品を高値で買うマゾ

  2. チャンネル登録者4545人目指す より:

    感染するかもしれんのに
    そこまでして皆
    福袋欲しいんか?

  3. Wa より:

    残り物には福がない

  4. g1vemeshelter より:

    在庫処分の販売になんで新年早々つきあわなくてはいけないのか…

  5. ウチュウのカミさま かつし より:

    百貨店!?
    お年寄りの集まる場所だね。

  6. clown より:

    日にちをずらしたところで福袋売ってたらどちらにせよ混むでしょ

  7. なるなる より:

    福袋セール=在庫処分セール。

タイトルとURLをコピーしました