母の子宮頸がんが子に移行 世界初の報告(2021年1月7日)

母の子宮頸がんが子に移行 世界初の報告(2021年1月7日)

国立がん研究センターなどのチームが7日、子宮頸がんにかかった母親が、出産した際に子どもが羊水に混じったがん細胞を吸い込み肺がんを発症した例を見つけたと発表しました。
母親のがん細胞が、羊水を介して子どもへ移行するケースが報告されるのは世界で初めてです。
チームは、肺がんと診断された男の子2人と子宮頸がんを発症したそれぞれの母親の遺伝子解析を実施し、子どもの肺がん細胞は、いずれも母親由来の遺伝情報を持っていることが分かったということです。
チームは「生まれてくる子どものためにも母親の子宮頸がんの予防は重要だ」と指摘しています。

#子宮頸がん#国立がん研究センター#世界初

◆「ワールドビジネスサテライト」「ガイアの夜明け」などが見放題!
「テレビ東京ビジネスオンデマンド」はコチラ↓(入会月無料)
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/info/lp/?utm_source=youtube&utm_medium=meta

◆毎日ニュースを更新中!
チャンネル登録:https://www.youtube.com/channel/UCkKVQ_GNjd8FbAuT6xDcWgg/featured?sub_confirmation=1b1

◆公式SNSでも番組を配信中!
公式ツイッター:https://twitter.com/tx_news
WBS:https://twitter.com/wbs_tvtokyo
モーサテ:https://twitter.com/ms_tvtokyo
ガイアの夜明け:https://twitter.com/gaia_no_yoake
カンブリア宮殿:https://twitter.com/cambrian_palace
池上彰の報道特番:https://twitter.com/tx_ikegami
特命!池上ベンチャーズ:https://twitter.com/TVTOKYOventures

コメント

  1. 黒ひじき より:

    癌は遺伝するってこういうことなのかな…

  2. lets enjoy より:

    嘘だな!もともと人間はみんなもってる

  3. レフトロツキー より:

    マジかこんなこと起きるんか
    親も子供も頑張ってください

  4. yayogi 21 より:

    頸ガンは性交渉が原因だから
    これからは色々良く考えないと
    ダメって事かな。

  5. 牛丼 より:

    ガーン

  6. À la holy Laboratory より:

    そのために・・・
    × HPVワクチン製剤を打つ
    ○ 子宮頸がん検診を受ける

  7. Lement Ares より:

    大ウソ、。頸がん枠ヲフキュウするmediaセンノーだね。蛾の幼虫で作った枠陳ぞ。

  8. いあ より:

    朝日新聞のネガキャンによる人災

  9. Keisource0930 より:

    がんは遺伝する。

  10. 空跳ぶ日本人 より:

    子宮頸がんの方が聞いたらと思うと

  11. 一ノ瀬楓 より:

    だからといってすぐワクチンって発想は浅はか、ワクチンがダメとは言わないけどしっかり副作用とかを調べた上で検討してください。

  12. 消息不明 より:

    遺伝があろうと誰しも産まれてくれば何があるか分からない。
    やはり子供を作るという事は悪でしかないのかもしれない…。

  13. ゴルゴ13 より:

    遺伝するっていうより転移してる感じなのかな。

  14. y n より:

    ワクチンには水銀、ホルムアルデヒド、アルミニウムなどが含まれています。

  15. 「無所属無知識の政治活動家」OREFU【オレのライフ】 より:

    冗談でいってないですよ、映画のエイリアンでもそうでしたが子供は母親だったり遺伝子の影響を強く受けていました。
    皆様気を付けていらっしゃるでしょうが何が起こるかわかりません。。
    コロナだってなんだって恐ろしい原因のひとつです( ;∀;)( ;∀;)

  16. ジム幸 より:

    安倍晋三のせいだ

  17. 455 717 より:

    変な副作用厨のせいで草

  18. ぽよぽよ より:

    やっぱりワクチン悪玉論を作り上げたメディアは最悪だな。
    ワクチン強制は良くないが推奨はすべきだった
    もちろん副作用等の説明を充分にした上でな。

  19. y n より:

    日本におけるHPVワクチンとしては、それ以前に、MSD社のガーダシル、
    グラクソ・スミスクライン社のサーバリックスが承認されていますが、これらに
    よって、頭痛、全身の疼痛、光過敏、音過敏、嗅覚障害、激しい生理痛、脱力、
    筋力低下、不随意運動、歩行障害、倦怠感、集中力低下、学習障害、記憶障害、
    発熱、月経異常、過呼吸、睡眠障害など、全身に及ぶ多様な副反応が一人の患者
    に重層的に表れることが報告されています。

タイトルとURLをコピーしました